そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





誤作動中で警報発令!

Posted by ヨーコ on   0 comments

私も5年前まではこっぴどい花粉症だったし、部分的にアトピー性皮膚炎のようになったり、エビやカニにアレルギーがあって、もしもう一度生で食べたらアナフィラキシーショックで死ぬだろうなというような怖い体験をしたことがあります。

でも今は花粉飛散の真っ只中にいても症状は全く出ないし、アトピー性皮膚炎も出ません。
エビやカニも多分大丈夫なんでしょうけど、それだけはさすがに怖くて試せません・・・。( ̄▽ ̄;)

えっ? どうやって治したのかって?

それはね、とっても簡単。 ヴィーガンになったから。
そして、遺伝子組み換え食品を徹底的に排除したから。


食アレルギーの児童生徒45万人、9年で4割増
卵や牛乳、小麦などの食物にアレルギーがある児童生徒は、全体の4・5%にあたる45万3962人に上ることが16日、全公立小中高校を対象とした文部科学省の調査で分かった。

 2004年の前回調査の32万9423人(2・6%)に比べて、9年間に人数で1・4倍、比率で1・7倍に増えた。

 調査は昨年12月、東京都調布市で給食を食べた小5女児が死亡した事故を受けて、今年8月、小中高約2万9000校に通う1015万人を対象に実施。その結果、食物アレルギーがある児童生徒は、22人に1人の割合でいることが分かった。9年ぶりに調査した同省は「予想以上の増加。食物アレルギーを持つ子供が増えているのに加え、調布市の事故後、意識が高まったことで、学校による把握が進んだ可能性がある」とみて、今後、有識者と詳細な分析を進める。

 じんましんや息切れ、強い腹痛など、複数の症状が出る「アナフィラキシー」の発症経験がある児童生徒は4万9855人(0・5%)。症状を和らげる自己注射薬「エピペン」を2万7312人(0・3%)が持っていた。学校でエピペンを使った事例は08年4月から今年8月までに408件あった。

(2013年12月16日11時37分 読売新聞)



これって、どう思う?
添加物や油脂はアレルギーの原因ではあるんだけど、それは私が子供の頃からそう変わっていないのに、ここ9年間でこれだけ増殖しているということはもっと強力な因子が増えたってことかな?

それは・・・遺伝子組み換え原料の食品のせいかも?

普通に外食したり加工食品を無頓着に食べていたら、相当な量を食べちゃっているはずなのですよね。
だって、普通のお店で遺伝子組み換えが入ってないものを探すのは至難の業だもの。

コチラ↓は厚生労働省のデータ。


平成23年8月 リウマチ・アレルギー対策委員会報告書について

アレルギー疾患の罹患者数
2008年の全国小児喘息の有症率は、6~7歳で13.8%。13~14歳で9.5%、16-18歳で8.3%であった。また幼稚園児での喘鳴有症率は19.9%であった。さらに成人において、2006年における全国11箇所における有病率調査では成人喘息有病率(医師により診断された喘息)は5.4%、最近1年間の喘鳴症状のある喘息有症率は9.4%であった。また同時調査での全国一般住民における鼻アレルギー症状を有する(花粉症を含む)頻度は47.2%であることも判明した(以上、厚生労働科学研究赤澤班 2010報告書)。またアトピー性皮膚炎は4ヶ月から6歳では12%前後認め、成人のアトピー性皮膚炎も20~30歳代で9%前後の頻度で認められることが明らかとなっている(アトピー性皮膚炎治療ガイドライン2008)。これらの結果は、わが国の全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患していることを示している。これは近年の国民の約3人に1人がアレルギー疾患に罹患している状態よりもさらに急速に増加していることを示している。この増加の主体はアレルギー性鼻炎(花粉症を含む)と喘息の増加によると考えられている。



うはは。
あと数年したらアレルギー持ちが普通で、健常者は異常ってことになりそうな勢いですねぇ。( ゚,_・・゚)ブブブッ

80/10/10Dietのグラハム博士からすると、加熱食自体が毒だって言ってますよ。
私は実感しているので完全無欠のローフーダーを目指しているんですけどね。


クプアスクリームのパフェ


加熱しないと消化できない澱粉の炭水化物は、本来は人間の食べ物じゃないってことなのです。
妙に納得しました。だって、お米や雑穀が大好きな小鳥は生で消化できるんですもんね。
加熱することによって澱粉は消化できるようになっても他の栄養素が壊れちゃいますから。


クプアスクリームのパフェ


ま、大概の炎症は粗悪な酸化した油脂で発生しているみたいですけどね。
グラハム博士はローフードでも多過ぎる脂肪は誤作動の原因だと言っています。
フルーツや野菜に含まれる脂肪分は必須脂肪酸をバランス良く含んでいて、例えば・・・

2,000 カロリーの811ダイエットでは、このようにして推奨レベルの必須脂肪酸を得ることができる。

・朝食 マンゴーを680g(約3 個)、ブルーベリーを340g
・昼食 バナナを1,250g(11 本)
・夕食 オレンジを450g、ロメイン・レタスを450g、トマトを230g


米国農務省の栄養データベースによると、この食事プラン(合計2,048 カロリー)は、1.3gのALA (オメガ3 のαリノレン酸)と1.4g のLA(オメガ6 のリノール酸) を提供する。そして、まったく顕在脂肪なしに、1:1の割合を守り、適切な必須脂肪酸を供給するものである。ときおり健康的な(ごく少量の)顕在脂肪を取り入れると、確実に必要量を達成できるだろう。
平均的なアメリカ人は、オメガ3 系よりもオメガ6 系の摂取割合が高いため、オメガ3 のサプリメントへと向かわせる栄養情報があふれている。過剰摂取している栄養素とバランスを取るために別の栄養素の摂取を増やすという発想は、喫煙の害を最小化するためにビタミンC を摂取するのと同じぐらい無意味である。たとえ「良い」脂肪であっても、脂肪の摂取を増やすならば、脂肪の過剰摂取という結果になることに変わりない。そもそも生活スタイルや食事スタイルの選択を通じて我々が自身を害していなければ、栄養バランスのためにサプリメントが必要になることはない。自然な食生活をすれば、人間に必要な栄養に適合するように自動的に食べ物のバランスが取れる。



普通のローフーダーも含めて、み~んな脂肪分摂り過ぎなのですね~。
しかも加熱食や加工食品は不自然極まりない食生活なのだから、体も誤作動して当たり前。
アレルギー症状が出てる人はまだ反応しているだけマシってことです。


クプアスクリームのパフェ


早くまともな人間になりた~い!
それにはやっぱり常夏でないと・・・。

やっぱ熱帯に引越すしかないのか? ((((( ⁰⊖⁰;))))))))
関連記事
スポンサーサイト





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。