そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





世界中の子どもが危ない

Posted by ヨーコ on   0 comments

「豊か」とはなんだろう?
「便利」とは?

加工して、いつでも労せず食べることができるようになった。

本来は自分の手で採って、ただ食べればいいだけだったものをわざわざ加工して栄養のないものを作り出し、自分たちの体を蝕むことになった。
それが文明?


世界中の子どもが危ない
ブラジル保険省が8月27日、Vigitel 2012のデータを発表した。それによると18歳以上のブラジル人の51%が太り過ぎという結果となっている。男女別では、男性の54%、女性の48%が太り過ぎだという。
(略)
この映画が画期的なのは、マクドナルドやコカ・コーラなどの企業の実名を挙げながら、ファストフードや糖類入りの清涼飲料水がいかに子供たちの健康を蝕み(もちろん大人も)、その問題がいかに深刻化しているかをデータを交えて紹介、企業の子供たちに対するマーケティング戦略をも批判している点だ。詳細はぜひ、映画をご覧いただきたい。




人類の歴史ではじめて、子供が成人の病気を患う事態が生じている。心疾患、高血圧症、­鬱、糖尿病...それら全ての根底に肥満がある。世界的カンファレンスTEDでも警鐘­されたこの問題に本作は深いメスを入れた。
ブラジルでは子供の3人に1人が肥満である­。彼ら肥満体の子供たちを通じて見えてくるのは、利益重視の多国籍企業の実態や、国民­の健康をないがしろにする政府の姿勢、親の世代を含めた食育の必要性など...。
子供の肥満は体重だけの問題ではない。世界中の子供が犠牲になっているこの現実の責­任は誰にあるのか?

Way Beyond Weight ☚ 全編はコチラで観れるようです。英語です。

更に衝撃的なのは、生まれた直後からジャンクフードを食べさせられているということ。
私も2人子供を育てましたが、産院では生まれたら親の承諾なしにいきなり粉ミルクを与えられますよね。
私たちは哺乳類なのに?

生まれた直後から変な加工食品を詰め込まれて育つ。
病気にならない方がどうかしてる。

ミルク

印鑰 智哉さんの記事より

米国の有機ブランドの粉ミルクでも大問題がある。
米国の粉ミルクの多くにMartek社の開発した合成DHA/ARAが含まれている。このDHAとARAは母乳に含まれる成分なので、それに似せてあるので脳の発育などにいい、などと宣伝しているのだが、この合成DHA/ARAは遺伝子組み換えトウモロコシなどを使って作る菌や藻から作られており、しかも有機生産物では禁止されている神経毒性のあるヘキサン抽出が使われている。その安全性も効能も確認されておらず、そればかりか下痢などの症状を引き起こしているという問題が指摘されている。
安全性が確認されないばかりか、脳の発達にいいという科学的データも存在せず、USDA(米国農務省)も承認していない。そうした合成物がなぜか有機ブランドの粉ミルクにまで入れられてしまっていることに対して、抗議運動が展開されている。合成DHA/ARA入りで有機ブランドというのはどうもおかしい話しだが、これはMartek社のロビー活動によって、本来は有機ブランドでは許されないものが入れられてしまったようだ。
http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2012/04/01/gmo-infant-formula.aspx
上記ページにあるビデオでは合成DHA/ARAを入れていない有機ブランドも紹介されている。

日本でもこのDHA/ARA入りの粉ミルクは森永が最初に販売している。ここでも脳の発達にいいかのような宣伝がされている(森永独自の製法なのか、それともMartek社のライセンスなのかわからない)。
http://www.hagukumi.ne.jp/products/hagukumi/hagukumi.shtml
日本では幼児用以上に高齢者向け商品にもなっているようだ。
http://global-nutrition.co.jp/service/image/gng_newsletter/2009-06-01_vol90.pdf


米国の有機ブランドじゃない一般の粉ミルクにはモンサントの牛成長ホルモンも入ってたりするらしいですよ。
人間はウシだったのか?ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

ここまで来ると、なんか美味しい気がすれば、取り敢えず口に入ればなんでもいいのか?と思えてきます。

ごぼう嫌いの娘がよく言っていましたっけ。
「割り箸をよく煮てごぼう風味をつけたら食べれるんじゃないの?」(。-∀-)
ある意味ナイスな発想ですね。スバラシイ!
そうやって加工食品はできているのですね。


りんご


ダーリンと私が徹底的に食生活を改善しているのはサバイバル的発想からではありません。
健康でいたいのは当たり前ですがもっと根本的に、人間として最高の状態を引き出したいから。
人間は劣化していると思うからです。その証拠がこのドキュメンタリー。

食が文明を作り出したと言っても過言ではないほど人間の生活を左右すると思うからです。

このまま劣化し続ける?( ̄ー ̄)
関連記事
スポンサーサイト





Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。