そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





病気を作る油脂過多

Posted by ヨーコ on   2 comments

ほんたべさんが興味深い記事を書かれていました。

日本人が一年間に食べる油の量を調べてみた
さて、日本人が一年間に消費している油の量はどれぐらいでしょう?

一人あたり13.6kg。植物油脂だけを見ると12.8kg。
12.8kg。1ヶ月に約1kgって感じかな? すんごい食べてない?

(略)

大豆の自給率は7%、ナタネ、トウモロコシ、綿実はほぼ0%台だ。

油用作物は作ってもお金にならないため、日本ではほとんど自給できない。
わたくしが食べている12.8kgの油の原料のほとんどが、よその国から来ている。




この調査には外食は含まれていないのだそうですよ。
ちょっと恐ろしいですねぇ。


プラム



ヒト科である人間の本来の食性を重視した80/10/10 Dietのグラハム博士は、果物や野菜に含まれる脂肪で充分であり、多過ぎる脂肪が体のシステムを狂わせていろいろな病気を作っていると言っていますよ。

80/10/10 Diet から少し引用します。

人間の必要とする脂肪酸の要件を満たし、最も消化しやすい状態の脂肪は、果物と柔らかい葉から引き出すことができる。
生物学的には、人間は脂肪を食べる動物ではなく、偶発的に脂肪を食べているに過ぎない。ときおりアボカドを食べたり、ナッツやシードを一握り弱ほど食べるれば、とても満足感を得られるものであり、我々の本来の食生活を引き立たせるものであるが、人間は基本的には炭水化物を食べる生物である。




人間には脂肪の味を感知する味蕾はないのですよね。
脂肪を選んで食べる必要がないってことでしょう。


野菜、甘い果物、トマトやキュウリなど甘くない果物には、十分な脂肪が含まれている。これこそが、(カロリー的な必要量を満たすために)限定して食べるべき脂肪であり、その上で、どんな物であれ顕在脂肪を食べないようにすれば、総カロリーに占める脂肪の比率が平均3~5%になるだろう。
脂肪のトータルがカロリーの10%を超えないように、基本的に低脂肪の果物と野菜を食べ、ごく少量のナッツ、シード、脂肪の多い果物を加えれば、栄養面の必要性をすべて満たすのに十分な脂肪が得られる。




みんなが常食しているものはとんでもなく脂肪過多ということになります。
そもそも油脂単体の形では、自然に存在していない。
油は種を絞って抽出しているのです。
抽出した油はどんなものでも非常に酸化しやすいのに、安価な溶剤抽出は高温で処理されているので論外ですね。
酸化しやすい順に並べると↓こうなります。(アマニ油やエゴマ油は論外)

コーン油
ゴマ油
綿実油
菜種油
米油
落花生油
椿油
オリーブ油
パーム油
カカオ油
パーム核油
ヤシ油

置いておくだけでどんどん酸化していく油。
それを加熱(酸化させる)して大量に食べるのだから病気を作っているようなものです。


福原ブルーベリー



◆ 必須脂肪酸と非必須脂肪酸
「必須」脂肪酸(EFA)と名付けられたのは、合成されることがなく、食べ物で摂取しなければならないからである。肌の健康、成長・発達、心臓の鼓動の安定、血液の凝固と循環に不可欠な役割を果たしている。この生命維持に重要な栄養素は、過剰でも、過少でも、割合が不適切でも、健康に大混乱をきたす。
現在のところ、二つの脂肪酸が必須だと考えられている。オメガ3 のαリノレン酸(ALA)とオメガ6 のリノール酸(LA)である。一般的に、オメガ3 とオメガ6 の脂肪酸は、必須脂肪酸と同義語のように理解されているが、実際には12 種類の脂肪酸がALA とLA で出来ている。そしてこれらに由来する脂肪酸はすべてオメガ3 とオメガ6 に分類されている。
このため、当然ながら、オメガ3 系とオメガ6 系の脂肪酸がすべて必須というわけではない。外部から摂取しなければならないのは、多価不飽和脂肪のALA とLA のみである。ALAでできたオメガ3 系脂肪酸には、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など重要な脂肪酸が含まれる。オメガ6 系で最も重要なのは、AA(アラキドン酸)とGLA(ガンマリノレン酸)である。
面白いことに、現在の栄養学の研究では、ALA が本当に必須なのか疑問視している。もしかすると身体で合成できるかもしれないという証拠が存在するからだ。ありがたいことに、我々はこれについて思い悩む必要はない。植物の脂質の構成には、ALA もLA も、ごくありふれているからである。
必須脂肪酸の最低必要量については確たる推奨値がないが、摂取の量と同じぐらい(あるいはもっと)重要なのは、必須脂肪酸の相互の比率であることを我々は知っている。学者はおおむね、初期の人類はざっと1:1の割合でオメガ6 系とオメガ3 系の脂肪酸を摂取していたという説で一致している。これは偶然にも、人間の脳の中にある必須脂肪酸の比率と同じである。
歴史的には、穀物の摂取が増大し、食生活でオメガ6 系の豊富なオイルの利用が普及すると、この比率が変わり始めた。現在の推奨値では、オメガ6 系とオメガ3 系の比率が1:1から4:1の間が理想的だとしている。この「理想的」な範囲にもかかわらず、平均的なアメリカの食生活は10~30:1の範囲にあり、この食事の選択が、炎症性の病気など非常に深刻な健康問題の蔓延に大いに寄与している。この大幅に歪められた比率が、ALA を長鎖脂肪酸(EPA やDHA など)に変換する身体の能力を危うくしている。必須脂肪酸の最低必要量の合意形成はされていないが、参考になるデータはいくつか存在する。2008 年11 月に、国連FAO とWHO は人間の栄養における脂肪酸の分野の主だった進展を評価するため専門家の会議を招集した。その最終報告書はまだ発表されていないが、仮まとめには「一日0.5~0.6%E(エネルギーまたはカロリーの比率)のALA(αリノレン酸)が欠乏症候群の予防に通じることを示す証拠がある」と記載されている。その前の2002年には、米国医学研究所(IOM)の食品栄養委員会が、「適切な摂取量」(最低量ではない)として一日に1.6g(男性)、1.1g(女性)のオメガ3 系を推奨している。これをもしも(推奨されないが)オイルの形態で摂取するとすれば、非常にわずかな量になる。1.6g はおよそ小さじ3 分の1(数十滴)に相当する。そして、この低い値でさえも、大幅に膨らまされた数字の可能性がある。
以上の情報を総合すれば、我々に必要な栄養を判断する上で参考になるだろう。2,000 カロリーの食事でALA(オメガ3)からのカロリー0.5%は10 カロリーになる。これはALA 1.1g であり、IOM の適切な摂取量のレベルに(下限ではあるが)合致する。この程度の量ののALA であれば、新鮮でホール(未加工)の果物と野菜を摂取し、ときおりナッツとシードを加えれば得られる。



私もオメガ3とオメガ6のバランスを取ろうと、亜麻仁油や荏胡麻油にハマった時期がありました。
そして料理には圧搾絞りの国産菜種油を使っていました。
でもこの理屈が理解できたので油脂の使用はスッパリやめましたよ!

世の中、どうも糖を悪者扱いしがちだけど、実は脂肪過多が一番まずい。そして加熱調理も。

この80/10/10 Diet の著者グラハム博士はもう25年もこの食生活を実践されていて、6歳のお嬢さん、フェイチェスカちゃんも当然生まれる前から(ママのお腹にいるときから♪)ローファット・ローヴィーガン。


Dr.グラハム   娘ちゃん



しかし、この翻訳本はまだないんですよね~。

日本人は「お米の国」だから・・・な~んちゃって、弥生時代にお米で支配されて以来、それが本当の日本人の姿だと思い込んじゃってるからねぇ。

貯蔵できる穀物は支配の道具。
炭水化物ではあるけれど、人間には適していない糖なのです。


関連記事
スポンサーサイト





Comment

ヨーコ says... "ともちゃんへ"
あはは。果物が歯を溶かすなら猿や熊はみんな虫歯だらけだよねぇ。
歯に関することもグラハム博士は書いているけど、やっぱり油の多い食事が原因だって。
ナッツを多用するローヴィーガンは歯を悪くしている人がたくさんいるんだって~。

アトピーに関しては以前のブログでリンクしていたドクター牧瀬のサイトが詳しく書いています。

アトピーの本当の原因・油が問題 http://p.tl/ioIu
この前後の記事も見てネ。

でも結局は食べるべきものを間違っているというだけ。
アトピーの子は体が正しく反応している、優れたセンサーを持っているということですね。v-352v-426
2013.09.09 16:33 | URL | #DexK2noU [edit]
ともたっくん says... ""
うちはまだまだ油まみれです(^_^;)
微々たる一歩でも前に進むように頑張るぞー。

そうそう。
最近ビタミンDの為に日光浴!とか、果物が体に良いーというニュースが増えてきたなぁ…と思った矢先に、果物は歯を溶かすという記事がw

知らずに見ると振り回されますね〜。

油脂の害はかーくんに顕著に出ています。脂っこいもの物を食べた夜は…寝ながら腕をポリポリ。とあるアトピーの本で油の害を知ったおかげで、何から避けていくべきか見えてきました。と言いつつ、除去しきれてないんですけどね。
2013.09.09 11:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。