そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





御所野遺跡

Posted by ヨーコ on   2 comments

行ってきました~。 御所野縄文博物館!

御所野


75000平方メートルの広~い縄文公園。
ここには4000年前の竪穴式住居の跡が800棟以上も見つかっているそうですよ~。
岩手の北、一戸町にありますが縄文時代はもっと暖かかったそうですね。



御所野


これこれ♪ 見たかったのはこの土屋根。
竪穴式住居といえば、少し前までは茅葺き屋根だと思われていたけど、土屋根だった証拠になる遺跡が発掘されたそうです。
ここの博物館や体験施設も土屋根でステキ♪



御所野


ここで火を焚いたらどんなふうでしょう?



御所野


実際住むとなるとこのままっていうわけにはいかないけど、充分住めちゃいそうです。
少なくとも化学物質や電線にぐるっと囲まれた現代の家よりもずっと体に良さそう。



御所野 カラムシ


縄文時代の衣服はこんな草の繊維で作っていたそうですよ。



御所野


博物館の方には衣服を再現したコーナーもありました。



御所野


なんだかブティックみたいでしょ?
試着もOKです。



御所野


では早速~♪
なかなかソフトで着心地良いですよ。
土偶のスタイルを参考に作られたそうです。



御所野


アンギンという織り方でできています。


御所野


もっと硬いのかと思ったらソフトな風合いで軽いです。

おるごんの森にはイラクサがいーっぱい生えてきて草刈が大変だったけど、こんな布が作れるということがわかったので楽しみが増えました。
早速イラクサから糸を作ってみましょう~♪

もしかして綿はいらなくなったりして~。


オマケ。

うらら亭


御所野遺跡のすぐ近くにある『うらら亭』。
実は御所野遺跡はここのオーナーさんの土地だったのだそうです。
うらら亭のご主人が子供の頃は、雨が降ったりすると土が溶けて出てきた縄文時代の矢じりで遊んだりしていたそう。



うらら亭


肉も魚も使っていないベジパスタがあったのでいただきました。
冷製トマトパスタ。

でも後で唇に蕁麻疹が・・・。ダーリンもお尻に出ていました。
もう油は速攻で支障が出ますね。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ
関連記事
スポンサーサイト





Comment

ヨーコ says... "ともちゃんへ"
ここでキャンプもできるんだけど、最近の小学生は30分もすると帰りたいなんて言い出す子もいるんですって。
ゲームやテレビがないと遊べない子が増えているんでしょうね。

お父さんのご実家、土間があったのね!
それはともちゃん世代では貴重な体験ですね。
かーくんにも体験させてあげたいものです。
2013.07.31 21:32 | URL | #DexK2noU [edit]
ともたっくん says... ""
一戸って何があるんだろう?って思っていたら、こんな素敵な所におでかけしていたんですね^^

茅葺き屋根と言ったら、父の実家がそうでした。
広い土間があり、囲炉裏があり、かまども置いてあったな~。今の住宅と違って寒くはあったけど、雰囲気がとても暖かくて好きでした。そういや夏は涼しかったな~。

この懐かしい感じ。いつかまた住んでみたいものです。
2013.07.30 20:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。