そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





優れたチャネラーの条件

Posted by ヨーコ on   0 comments

こんにちは、ダーリンです。

今朝は新しい発見があったので、みなさまにお伝えしようと思いました。

先日ネットで調べ物をしていたら、
ラエリアン・ムーブメントのサイトに漂着しました。
そこでありがたいことに
宇宙人からのメッセージが日本語訳され、
しかも、無料でダウンロードできるようになっていましたので、
早速読ませていただきました。

特に『ハーモニー・メディテーション』という本が良かったです。
ストロング・リコメンデーション!
英語版のタイトルは、Sensual Meditaionなので、
「官能瞑想」という意味ですね。
日本人的に恥ずかしいので、
「ハーモニー」という控えめな表現にされたのでしょうか。

「官能」とは、環境を知覚する能力を意味します。(略)
感性は、ほとんどの知的活動の基盤を成しています。
それは、私たちの深層意識に深く根を下ろしています。
つまり私たちの理性は、こうした深層意識に対して
わずかの自律性しか持っておらず、
従って、私たちがぜひ必要としているエネルギー秩序の回復のためには、
官能を活用する方法が大変重要となってくるわけです。


まさに真実ですね。
ウィルヘルム・ライヒも同じことを言っていたように思います。

あと、『インテリジェント・デザイン 地球人は科学的に創造された』という本もあって、これも真実のオンパレードでした。
人間は猿から進化したのではなくて、
宇宙人が作ったそうです。
人間だけじゃなくて、地球上の生物全部です。
偶然進化したにしてはできすぎてますからね。

電気製品が故障したら、どうしますかね?
販売店に相談してもよいけど、
結局、メーカーに問い合わせするのが一番早いんです。
人体がうまく機能しないときも同じです。
メーカー(創造主)であるエロヒムに問い合わせしないことには埒があきません。
一人でうじうじ悩んでいても時間の無駄ですね。
そんなことを気づかせてくれる一冊でした。

そんなエロヒムのメッセージを
1970年代から受信して伝えている
ラエルさんはすごいなと思いました。
ウィキペディアによると、
フランス人のモータースポーツ系ジャーナリストで、
本名はクロード・ボリロン(Claude Vorilhon)。
67歳ですけど、若々しいですね。
やや体育会系のノリなのかなと思います。
キリスト暦はやめにして、
広島の原爆(1945年)を紀元にした
新しい暦にしようという提言もされているようです。
すばらしい発想だと思います。
今年は70年という計算になるでしょうか。

ラエリアン・ムーブメントという名称は
聞いたことがあったんですが、
今まで真剣に調べたことがありませんでした。
実はちょっと胡散臭いかなと思ってました。
しかし、こうしてちゃんと読んでみると、
非の打ちどころがありません。

それで、今のところどの宗教団体にも所属してないので、
入信しようかと思ってさらに調べてみました。
そしたら、
世界各地で「ハピネス・アカデミー」というのが開催されていて、
日本で、




アジアで、




ヨーロッパで



とっても楽しそうに見えませんかね?
これは魅力的です。

それでますます興味を持ってさらに調べてみました。
そしたら、
ラエルさんは、遺伝子組み換えを支援していると。
あれ?
たしかにエロヒムが遺伝子組み換えで人間を作ったのだから、
遺伝子組み換え技術を否定するわけにはいきませんよね。
でも、今の人間レベルの幼稚な遺伝子組み換えで良いのでしょうか。
さすがに訂正コメントも出ているようで、

弥勒菩薩ラエルのコメント:
農薬や危険な化学物質にまみれた「普通に」育てられた植物に加えて、もし遺伝子組み換え食品にも危険な農薬や物質を含むよう組み換えられているならば控えるべきです。私が支持しているのは、有機肥料を用いて育てられた遺伝子組み換えの植物や果物であり、ビタミンや味をさらに増すよう遺伝子を組み換えたものです。毒物ではありません。


オーガニックな遺伝子組み換えって存在するんですかね?
たしかアメリカでは、オーガニック=非遺伝子組み換え
という認定基準だったように聞いた覚えがありますが。
「ビタミンを増すよう遺伝子を組み換えたもの」とは、ゴールデンライスのことを意味するようですが、これもインチキなんですよね。
貧困国の子供のビタミン不足を解消するっていう名目でね。
バンダナ・シヴァさんがちゃんと説明してますよ。

ゴールデンライスのまやかし
GMバイオテクノロジー巨大企業と付き合ってきたこの五年問で学んだことは、彼等のデータを信用するなということです。このデータに関しては、開発とか技術移転といった美名を冠したプログラムで持ち込まれているものについても同じですが、その本質は独占です。
その例にゴールデンライスがあります。ゴールデンライスは、米にビタミンAを入れて第三世界の盲目をなくそうというものですが、ゴールデンライスの特許の多くはシンジェンタとモンサントが持っています。私は、ゴールデンライスは盲目への盲目的対処だと言つています。ゴールデンライスをすばらしい発明だとして推進している哀れな研究者や企業役員は、普通の米がすでにビタミンAを持っているということを知らないのです。欲しければありますよ、赤米、茶米。ビタミンAのために米を遣伝子組み換えしなくても農民の持つ赤米にはビタミンAが豊富に含まれているのです。

米という植物への戦争
企業の技術者や経営陣がそれに盲目なだけです。それに米だけを食べる人はいません。いろいろなものを食べていろいろな栄養を摂取しています。貧血やビタミンA欠乏を予防しようと思えば、米ではなく緑黄色のものを食べるのは誰でもがしていることです。
インドでは、コリアンダー、カリー、カリーリーブといったものがあり、一四〇〇㎎のビタミンAがあります。一〇年に及び、何十億ドルという研究を経て遺伝子組み換えした米は、たったの三〇㎎のビタミンAしかないのとは比べものになりません。
このことを、野菜で七〇倍も摂れるんだとゴールデンライスを開発していた研究者に言ったところ、「そんなことは知らない」というのです。彼らは、このような野菜のことは知りませんし、米のことだって知らないんです。彼らが知っているのは米の細胞のことだけで植物としての米じゃないのです。
農民は植物全体を扱いますが、彼らが扱うのは、培養皿の中の米の細胞で、そこに植物の遺伝子を打ち込んでいるのです。こんな人たちや培養皿からできた植物に我々の食の未来を託すわけにはいきません。細胞に遺伝子を打ち込んだり、核を取り出したりする様は、まさに細胞に仕掛けられた戦争です。

http://www.joaa.net/gmo/gmo-0304-01.html



インドってフルーツもスパイスも豊富なんですよね。
うらやましいですぅ。
ついでにこれも。

ロックフェラー財団のマスコミ発表では言及されていないが、実はビタミンAを大量に摂取すると、ビタミン過剰症(ビタミンA毒性)になる可能性があり、子供には恒久的な脳損傷など有害な影響が発生する可能性があることを、医師や学者たちは知っていた。
更に、ビタミンAの所要量を満たすために毎日食べなければならない米は驚くほどの量であり、人間技ではなかった。ある試算によると、平均的なアジア人が必要最低限のビタミンAを摂取するためには、調理された状態で9㎏の米を毎日食べなければならなかった。アジアにおける通常の米の消費量一日300gでは、一日の所要量の8%しか得られないことになる。
ロックフェラー財団のゴードン・コンウェイ理事長は、こうした批判に対して、きまり悪そうにマスコミ発表して対処した。「最初に述べておきたいが、我々はゴールデンライスがビタミンA欠乏問題の解決策になるとは考えていない。どちらかといえば、日常の果物、野菜、動物性食品、様々な補強食品やビタミン補填剤を補完する食品として優れていると考えている」と述べ、「ゴールデンライスの宣伝が行き過ぎていたことについては、シバ博士に同意する」と付け足している。

マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配 【アグリスーティカル(食糧・医薬)】編 (超知ライブラリー 53)マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配 【アグリスーティカル(食糧・医薬)】編 (超知ライブラリー 53)
(2010/04/29)
ウィリアム・イングドール

商品詳細を見る


こういう情報を知っていれば、
ゴールデンライスが良いなんて寝ぼけたことは言わないはずです。
ラエルさん、勉強不足なのでは?

成田空港の近くに
多古というド田舎があり、
ベニアズマというサツマイモがおいしいエリアなんですけど、
そこに光臨堂という施設が2010年に建設されたそうです。
ラエリアンムーブメントのアジア大陸代表の方のブログによると、
ラエルさんは、そこに移住していたのに、
福島問題のために今は沖縄に住んでいるそうです。
せっかく立派なお堂を建てたのに、
もしかして放射能が怖いんですかね?
この程度のレベルの放射線が。
エロヒムの科学というのはその程度なんでしょうか。

こうしていろいろ考えている内に、
冒頭に述べた発見がありました。

「優れたチャネラーほど頭が悪い」という法則です。

頭が悪いというのは、左脳的な意味で頭が悪いという意味です。
あまり左脳が優勢だと、
人間社会では優秀な人間と認められますが、
設計者次元からのメッセージを受信するときの邪魔になるんでしょうね。
だから、左脳的に頭の悪い人を選んで
メッセージを送ってくるんだと思います。

「頭が悪くなければ優れたチャネラーにはなれない」と言い換えてもOKです。

ああ、そういうことだったのか、と
腑に落ちる方も多いかと思います。

私が個人的に直接知っている人にも、
間接的に知っている人にも、
何人か優秀なチャネラーがいますが、
どの人も頭が悪いです。
もちろん、性格的には良い人たちばかりです。
(多少の精神疾患があるのはお互い様です)
ラエルさんも、その一人なのかなと思いました。
とっても親しみやすくて、楽しい人のようですね。

くどいようですが、
ラエルさんが受信したメッセージは真実に満ちています。
読むことをお勧めします。
これは冗談抜きです。
でも、だからといって、
ラエルさんを教祖として崇拝することは
私にはできないので入信するのはやめておきます。
私がまだ未熟者だからでしょうか。

大事なのは、頭(左脳)が悪い人が受信したメッセージを
頭(左脳)の良い人が、しっかりと受け止めて、
冷静に解釈できるかどうかです。
右脳が受信したメッセージを
左脳がうまく解釈できるかどうか、
と言い換えても良いでしょう。
それができるかどうかが、
人類の課題です。
関連記事
スポンサーサイト





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。