そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





なりたい自分になる方法

Posted by ヨーコ on   0 comments

私の大切な息子から質問が来ました。

「努力の仕方を教えてください
死に物狂いでやろうとか絶対勝とうとか、そういう決意の仕方を教えてください」


よっしゃ~!(*゚∀゚*) イイ質問だぁ!
若いうちはそうでなくっちゃ。

で、ですよ。
35kgの大幅ダイエットをやってのけた私には、それは経験済みなので簡単なことなのですよ。
更にそれを通常モードで(決意とかそんな大げさなものでなく)やってのけるダーリンは私のお手本でもあります。
な~んて、ネット上でのろけるのはこのくらいにして、回答と参りましょう。

以前もブログに書きました。
      ↓

できる人とできない人との違い

この手の本は山のようにあります。売れるんですねぇ。
ベストセラーになるのはどうしてかというと、自分の意志で自分を変えられない人がたくさんいるから。
変えられないのはなぜか?
それは変わらない方を望んでいるから。

すべては自分で選んでいるということ、
したがって全責任は自分にあるということを前に書きました。
これを別の言い方で言うと、
みんな好きこのんでやっているということなんです。


「こうだったらいいなぁ」と思うのと、「こうなる」と思うのは全く別物ですからね。
ダーリンなどは、「こうする」と決めたら、できる裏付けを徹底的にやります
そして今できることを先延ばしにはしません。

そこができる人とできない人との違い。



もうひとつ、良いサイトがありました。
このサイト、私の思考回路と似ているので、他のページもじっくり読んでみてください。

無限に広がる「選択の自由」が、私たちを苦しめていた。

では、「一流」になる方法を一つご紹介いたします。



< するべきことの優先順位を決める >



優先順位を決めましょう。
やりたいことを決めましょう。

1.美容師としての技術を磨く
2.海外で活躍するため英語を勉強する
3.日々の生活をエキサイティングにする
4.5キロやせる

次に、
書き出したリストの1番以外を全部、斜線で消しましょう。

1.美容師としての技術を磨く
2.海外で活躍するため英語を勉強する
3.日々の生活をエキサイティングにする
4.5キロやせる

一番以外は、諦める。
これが「一流」になるための不可欠の方法です。



レナード氏は以下のように説明しています。

自己の潜在エネルギーが使えるようになる前に、
それを使っていったい何をするのかを
はっきりさせておく必要がある。
そしてどういう選択をするにせよ、
あなたはある途方もない事実に直面するだろう
ー定の方向を目指すには、
それ以外のすべてを諦めねばならないという事実に。
一つの目標を選ぶとは、
多くの選択可能な他の目標を諦めることである。



私たちが生活している現代の日本は、
「一流」が生まれにくい仕組みを持っています。
その仕組みとは以下の2つです。

教育が、1つの教科に打ち込む事を否定している
魅力的な選択肢が無限にある

学校では、広く浅い人間になる教育を受けます。
しかし、「一流」は狭く深いのです。

生活していると、選択の自由が無限に広がっています。
とても魅力的な選択肢が。

選ぶのがとても、大変ではないでしょうか?



しかし、「一流」に選択肢は必要ありません。
必要なのは「一つ」だからです。

私たちの生活する日本は、
「一流」が生まれにくい仕組みを持っています。

レナード氏の以下の説明に注目して下さい。
なるほど!と思うでしょう。

無限の自由が与えられるがために
かえって何一つ選択する気がなくなり、
結局テレビの前に座り、
刺激の強い画面を長時間眺め、
だんだん生気のない虚ろな気分になっていく。
決断がないために行動もしなくなり、
活力が低下して憂鬱や絶望的な気分に襲われる。
結局、自由とは制限を受け入れることでやって来るのだ。
全部は実行できないが、一つなら実行できる。


無限にある選択肢ので
1つを選ぶのは大変なことでしょう。

しかしあなたが



「一流」になりたい!

「一流」になって、みんなから必要とされたい!

「一流」の生活を送りたい!



と、少しでも思うなら
すぐに行動する必要があります。

人生という膨大な時間を何に費やすか。
比較検討を始めて下さい。



達人のサイエンス―真の自己成長のために達人のサイエンス―真の自己成長のために
(1994/03)
ジョージ レナード

商品詳細を見る



人生という膨大な時間を何に費やすか。
比較検討を始めて下さい。


そう。 そーなのです。
自分は何がしたいのか、どうなりたいのか。
つべこべ言ってる場合じゃないのです。

つべこべ言ってる時間が長いほど、つまらない人生になるということ。

ガンバレ、若者! 君の頭の中には最高に楽しい人生が広がっているよ。
それを実現するかどうかは今の時間の使い方の選択次第。

私はそうやって、ストレスのない自由な日々を手に入れているよ。
関連記事
スポンサーサイト





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。