そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





本当の味

Posted by ヨーコ on   0 comments

80/10/10 Diet を始めてから、フルーツや野菜の本当の美味しさが良くわかるようになりました。
なぜ?って、調味料を使わないから。
Dr.グラハムはフルーツや野菜に存在する塩分だけで十分であって、それ以上の塩は毒にしかならないと言っています。

塩と脱水 ←過去記事です。

どのローフードの本を読んでも根底にあるのはDr.グラハムと同じナチュラル・ハイジーンの考え方。
でもどのレシピにも、アガベやメープルなどのシロップ、塩や味噌や醤油、オリーブオイルなどの絞った油脂が使ってあって、なんかちょっと違うな~と思うのは私だけなんだろうか?

理屈が通らないと納得できないダーリンと私。
だからローフードを食べるときは調味料は使いません。
調味料を使うのは人間だけ。野生では塩も醤油も味噌もシロップもそこらへんに転がってはいないのですから。
本来はそのままの味で美味しいはずなんです。

実際、慣れると調味料の入ったドレッシングを野菜に掛けるなんてもったいない。
ドレッシンングの味しかしなくなっちゃいます。

味付けをするようになったのは、地球の気候変動によって本来の食べ物であった果物が激減して、人間には食性に合わないものでも食べないと生きていけない状況に追い込まれたからなんじゃないかしら。
あ~、ごぼう嫌いの娘の名言を思い出すわ。
「わり箸を煮込んで柔らかくして、きんぴらの味付けをすれば同じだと思う!」 ( ゚,_・・゚)ブブブッ


沖縄パイン


あんなに好きだったスイーツも、今では異様な物質にしか思えなくなりました。
フルーツはそのままで完璧。
味も栄養も全てが揃ってる。
それは当然。だって、人間はフルーツを食べる動物だから。
関連記事
スポンサーサイト





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。