そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





母の支配

Posted by ヨーコ on   0 comments

最近の子供たちは母親の支配でキュ~キュ~して生活しているんですね。
学校でも徹底管理されているし、自由な発想で自分の頭で考えて行動するなんてムリなんじゃないでしょうか。
現代社会の大人たちは、自分たちが子供の頃のことをすっかり忘れて、なぜこんなにも子供を支配したがるのか。

それはね、本当の愛を得られていないから。
子供たちは代用満足の矛先になっているのですね。

私がそれに気付いたのは、息子が10歳くらいの頃。
息子が死んでしまう夢を見たのです。
死んでしまった息子の傍らでワンワン泣く私。
「これからどうしよう、彼がいなかったら今やっていることの意味がなくなる」
泣きながら自分の心の中を分析していました。
当時彼は剣道をやっていて私は保護者会の総務を担当していたり、彼が習っていたギター教室では、小学生は親同伴レッスンだったので、家で私も必死でおさらいして教える形になっていました。
あっという間に私ではついていけないくらいの難易度の曲を弾けるようになり、彼のお陰で大ファンのギタリストに顔を覚えてもらったり・・・。
私だけではできなかった場を、彼がたくさん作ってくれたのでした。
彼が死んでしまったことによって、私の外部との関わりは、彼がいなければ成り立たないことがほとんどだったということを思い知ったのです。
目が覚めてからも、とても複雑な気分でした。
このままではいけないと思いました。

女性は赤ちゃんが生まれると当然のように子供中心の生活になりますよね。
赤ちゃんのうちはもちろん当然なのですが、いつまでもそのまま子供が生きがいになっていたり、無意識のうちに子供を理想通りに設えようと必要以上に干渉している場合が多いように感じます。

自分の人生を生きよう。
『今』を生きよう。
過去に拘るのではなく、未来のために備えるのではなく。
自分をもっと愛そう。

自分を愛していなければ本当の愛は見つからない。
愛を学ぼう!

本当の愛を見つけるための自己分析に役立つ本です。
少し抜粋して紹介しています。 愛を学ぼうのカテゴリでそうぞ。


愛は化学物質だった!? 脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー愛は化学物質だった!?
脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー

スーザン・クチンスカス(箸)
為清勝彦(訳)

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。