そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





本当の出産間隔とは?

Posted by ヨーコ on   0 comments

子供に対する愛ってなんだろう?
みんな漠然とこういうものって思っているだけで、じゃあなに?って聞かれると、ハッキリ表現できないのが『愛』なのですよね。
私は、一般的に言われている『愛』とは共依存のことだと思います。

本当の『愛』とはなにか?
表現できる的確な言葉はないので、そんな難しい話はさて置いて・・・と。

子育ての仕方はやっぱり動物の方が優れているようです。
ちゃんと巣立たせるのが目的だから、愛情の掛け方も人間とは違ってしっかりしていそうですよ。( ゚,_・・゚)ブブブッ

todo_todo堂さんが面白い記事をたくさん書かれているのでご紹介。

5年に1子

『人とサルの違いがわかる本 ―知力から体力,感情力,社会力まで全部比較しました』に
人間とチンパンジーの違いの1つとして
出産間隔があげられていた。

人間は、離乳食を用意できるようになって、
断乳の強制と次の子の妊娠が可能になったため
チンパンジーと比べて出産間隔を短縮できるようになったらしい。
その結果、人間は増えすぎの危険性も抱えるようになった。

また、上の子はまだ乳を欲する年齢で
断乳を迫られるという非常に強いストレスを経験することになった。

いったん、この違いに納得したものの、その後
『砂漠に生きる女たち―カラハリ狩猟採集民の日常と儀礼 (名古屋学院大学総合研究所研究叢書 24)』を読んで、砂漠のサン族は、伝統的な生活をしていたころ、
通常の出産間隔が5年だったという記述に出会った。

狩猟採集生活では、離乳食を用意できず、続けて生まれても十分な世話ができない
ことから、妊娠すると乳が毒に変わると信じて、性交を避けるとのことだった。

サン族は下の子が生まれる頃になれば、上の子は子供どおしで遊び、
食事も同じキャンプの大人たちから分けてもらい、
夜は祖母やおばのキャンプに泊まりにいくという暮らしになり、
親の手をほとんど離れてしまう。
こうなると、兄弟で親の愛を奪い合うことも少なくなるのだろう。

このように見てくると、チンパンジーやサンのように5年に1子のほうが
合理的の思える。増えすぎも防ぐことができるだろうし、
親は一人の子に十分愛をそそぐことができる。
上の子がやきもちをやくことも少なくなり、
兄弟はライバルよりも仲間という関係に近くなるのだろう。

人間の本来望ましい出産間隔は5年以上であって、
2、3年という間隔は、不自然にゆがめられた状態なのかもしれない。



オランウータンなどは8年に一度しか出産しないそうですよ。
性的に成熟するのは10歳頃なので、子供が自立するまで次の子は生まないということでしょう。
愛情たっぷりですね。

ちなみに私の出産間隔は11年。オラウータンより長かったですねぇ。( ゚,_・・゚)ブブブッ

さて、私たち人間は愛情不足の連鎖から抜け出せるのでしょうか?
『愛は化学物質だった!?』は自己分析と改善に役立つ本、ぜひ読んでみてくださいネ。
私もイラストで参加させていただきました。

本の内容は『愛を学ぼう』のカテゴリーでどうぞ。 

愛は化学物質だった!? 脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー愛は化学物質だった!?
脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー

スーザン・クチンスカス(箸)
為清勝彦(訳)

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。