そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





このままだと共食いする未来が待ってるってホント?

Posted by ヨーコ on   0 comments

近い将来、大変な事態になりそうですね。


スタンフォード大学教授 「このまま人口増加が続けば、共食いする未来が待っている…」

このまま「人口過剰」が続けば、我々は「共食い」するしかない…
そんな衝撃的な論文をスタンフォード大学の教授が発表しました。

スタンフォード大学のポール・エリック教授は加速度的な人口増加は食糧危機に繋がり、
また、人口増加の予測モデルの一つとして、「共食い」が選択肢の一つとしてなり得ると主張しています。
「資源は有限で希少であり、最悪の事態を逃れるために人類は食生活や農業、生活を劇的に変化せねばならない。」

「いつか、誰かが思うようになるかもしれない。
 お腹が空いた。遺体を食べても大丈夫ではないか?と。」
「人類はとんでもない速度でそのような”未来”に突き進んでいるのです。」

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2636845/Will-overpopulation-drive-CANNIBALISM-Controversial-academic-claims-humanity-moving-issue-ridiculous-speed.html



ですよねー。 
だから、国連もNASAも、我らがビル・ゲイツ氏も、み~んな菜食を推奨しています。
大きな野望を抱くみなさん、未だ肉なんて食ってたら笑われちゃいますよ~。( ゚,_・・゚)ブブブッ

人口削減に力を入れているビル・ゲイツ氏。もう~、尊敬しちゃいますネ。
ほとんどの食事がマクドナルドのハンバーガーだというくらいバーガー好きのゲイツさんだって、肉を超える肉もどき、ビヨンド・ミートを作っていますよ。過去記事→ ステキな陰謀&搾取の仕方。

あ、今度は牛肉もどきも発売されたもよう。

牛肉もどきが登場!「ビヨンドミート」ビル・ゲイツが出資したベジタリアン専用肉の新商品。



最初にビル・ゲイツ自身のブログ「ゲイツノート」から引用すると..

・2050年の地球の人口90億人になり、食料事情は悪化する
・畜産によって地球環境が悪化している
・上記2つの理由で食肉は持続可能な食料ではない
・ベジタリアン食が環境保全と健康にもつながる
・しかしベジタリアン食をすべての人に強要できるものではない
・ならば植物性の材料で肉と同じくらい美味い食材を作ってしまおう!
・そのために3つの会社に出資をして研究開発を行っている
・1→お肉もどき、2→卵もどき、3→塩もどき
・結果、開発に成功して売り出しにかかかっている

ビヨンド・ミート



ビヨンドミート社の企業理念

■私たちの使命
私たちは、地球をよい環境にする方法があると信じています。私たちの使命は、食べ物の世界市場において、植物性タンパク質と動物性タンパク質を完全に入れ替えるための解決策を創造することです。私たちは、人間の健康を増進、そして天然資源を節約して地球環境を守り、動物の権利を尊重することに専念します。ビヨンドミートで、私たちは世界をより良い環境にしていくことと、美味しい食事とることを同時に実現します。

ビヨンド・ミート



さすがっ、ビル・ゲイツさん!

まぁ、肉を食べるよりはヘルシーっぽい気はしますけどネ。
一応原料は遺伝子組み換えでない大豆を使っているそうですよ。
80/10/10の私からすると毒以外のなにものでもない風に見えちゃいますけど。( ゚,_・・゚)ブブブッ

この期に及んでもまだ今までどおりの食生活を維持しようってか?

ってなわけで、世の中の最上級の方々は地球を守ろうと必死ですよ。うんうん。
人類みんなにハートがあれば、即解決することなんですけどね。
なんせ、おつむが鈍い。

そこで思い出したのが子供の頃見た映画。

【ソイレント・グリーンは人間】映画ドイレント・グリーンの秀逸さ【安楽死施設】

時代は2022年、舞台はニューヨーク。 地下生活のため、肉や野菜などの自然食品は無く、特権階級を除く大部分の人間は、 ソイレント社がプランクトンから作る緑色のビスケットのような形をした合成食品の配給を受けて 細々と生き延びていた。
ここでは、食糧危機に落ち入らないよう、人間が60歳になると「ホーム」と呼ばれる公営施設で安楽死をさせられる。・・・




ずいぶん昔の映画だけど、あの頃から人類は何も進化なし。( ゚,_・・゚)ブブブッ

まさか・・・と思うかもしれないけど、どんな生き物でも切羽詰れば共食いは避けられないみたいですねぇ。
人間だって過去やってきたことだもの。 いずれまた・・・?((((( ⁰⊖⁰))))))))
関連記事
スポンサーサイト





Category :

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。