そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





驚愕の劣化事情

Posted by ヨーコ on   2 comments

今朝ひょんなことから驚愕の事実を知ってしまいましたっ!
そんなことがあるなんて、今まで知らなかった・・・。

「入浴 膣にお湯が入る」の検索結果

えぇぇぇ~~~っ !? ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

そんなことがあるなんて、聞いたこともなかった私は驚いてしまいました。
しかも最近は若い女性でも尿漏れする人が増えているんだとか。
原因はなに?

10代20代の若い女性も増えています

頻尿・尿漏れで悩んでいるのは、年齢に関係なく10代や20代といった若い方にも起こってきます。10代の頻尿・尿漏れというのは、通常の尿漏れとは違って、尿道の中での残尿が原因で起こる尿漏れがとても多くなってきます。

排尿障害の原因というのは、決して年齢的な事だけで起こるものではありません。例えば、日常生活における運動不足などからくる筋力の衰えやホルモンの分泌の乱れなどの影響も大きく関係していきます。排尿のコントロールは自律神経が支配していますので、自律神経の狂いによっても排尿障害が発生することになります。

現代社会は何事においてもとても便利になっています。昔に比べてあまり歩くことも少なくなっています。このように、生活が便利になるにつれて、身体の筋力も衰えてきています。また、現代社会はストレスが多いため、10代といった若い年齢でも、心因性過活動膀胱や過活動膀胱などの症状に悩まされる方が多くなっています。



ホントですか? ショックですねー。
家畜化が進み、ここまで劣化しているとは・・・。(ッ_ _)ッガクッ

以前紹介した↓この本。 記事はコチラ→ エリクサーグッズ♪




ここにはこう書いてあります。

生殖器のエクササイズを行う重要性

 骨盤の筋肉は、極めて重要な部分であるにもかかわらず、ここを強化するためのエクササイズは、性行為のほかにはほとんど存在しないのが現状です。骨盤領域の「気」を高め、生殖器やその周囲に複雑なネットワークを形成している腱を強化するためには、骨盤のエクササイズを行う必要があるのです。
 骨盤の領域を強化することの重要性には、計り知れないものがあります。膨大な数の神経や血管、そしてリンパ腺が骨盤内に通じていて、体のあらゆる部分と関係を持つさまざまな組織の末端が、この領域に存在します。各器官に「気」を運ぶ経絡も、主要なものはすべてこの領域を通っています。ここがブロックされたり弱くなったりすると、エネルギーは消散し、さまざまな臓器だけでなく、脳にまで障害が起こります。多くの老人に起こっているのは、まさにこの現象なのです。年配者は、直腸および骨盤の筋群が張りを失って緩むことによって、生命に欠かせない生気が徐々に流出するために、体が弱ってしまいます。



あらっ、大変!!((((☉θ☉))))  
ここには骨盤隔膜とか、尿生殖隔膜とかがあるんですね。

先日買ったエッグはまさにエリクサーグッズです。


卵カンフー 黒曜石中



しかし、日本人はセックスレスのカップルが信じられないくらいいるってことにも驚きましたが、まさかここまで体が鈍っているとは思ってもみませんでした。

意識して鍛えましょう。
関連記事
スポンサーサイト





Comment

ヨーコ says... "sumisumi さんへ"
着物、確かにそうです。日常の立ち居振る舞いも侮れませんね~。
昔の女性は生理の経血を漏らさなかったというのは、そういうことなんですね。
なるほど、ベリーダンスもスゴイ効くかも!

エッグは・・・そーなんです。膣に入れて自由に操作できるように筋肉を鍛えるのです。
2個入れてカチカチさせたりできるようになるそうです。(゚д゚)
まずは卵巣呼吸法などなど、マスターしないといけないので、まだ使っていませんが。
エリクサーグッズの記事、見てくださいネ。
2014.03.23 00:26 | URL | #DexK2noU [edit]
sumisumi says... "しめなきゃっ☆"
ヨーコさん、こんばんは。

膣の劣化!とは私も驚きました。

暮らしが陳腐な西洋風になってしまい畳の所作、和風の所作がなくなってしまった影響も大きいのかしらと推測しました。例えば女性としての着物姿の立ち居振る舞いの躾は、膣の筋肉も鍛えていたと思えます。
「着物の立ち姿の美学はキュッとお股とお尻の穴をしめてこそなのよ」と、むかし日舞の女性師匠が酔うとそんな話をしてくれたのを思い出します(笑)。

着物でなくても身体の使い方がそうであると締まりもよくなるのでしょうね。
日舞に限らずバレエの世界も老齢女性が現役で踊られているのは締まっているから脳も正常で身体も動かせるのかもしれないと、この記事を読ませてもらい腑に落ちてきました。

それとイスタンブールで当時人気実力ともNo1のベリーダンサーのステージを近くで見たときのこと。お股とお尻と骨盤の絶妙な小刻みブルブル動きがすごかったです。その身体はオーガニズムじゃないかって思うほど爆発的なエネルギーを発散して踊ってました。とてもセクシーな踊りでしたがダンサーは一切媚びておらず凛とした気品のある女性でした。

わたしも、大変!ゆるんでるかもーー!鍛えないと(;´▽```

その、、、あの、、、、気になるエリクサーグッズですけど、
使いかたって?(*´ェ`*)キャッ

気になる最新グッズになりそうです(笑)。
2014.03.22 22:42 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。