そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





ペット産業も凄まじいよね

Posted by ヨーコ on   0 comments

少子化でペットを飼う人が増殖中なんだとか。
そんなペット連れに便利ねぇ・・・。

日本初!?ペットがついてくる!?マンション 愛媛県松山市勝山町に完成!

さらに、現在ペットを飼っていない方でご希望の方にはペットを無料でご紹介できます!ご紹介できるペットは子犬で気に入ったワンちゃんがいたら、そのまま飼って頂けます!退去時には連れて退去頂くことが条件にはなりますが、憧れのペット共生の暮らしが実現できます!



どこのペットショップと提携してるのかな~?
ま、どこでもいいけど、ムカつくのはなぜかしら?
ペット業界もピンキリだけど、「経済動物」はこの世からなくしたい。
いい加減、命の売買はやめようよ~。

ペット業界の何が悪いの?という方は↓こちらをどうぞ。

多くの人に知ってほしい、悲しすぎるペットショップの裏事情

こういう話は以前のブログでも散々取り上げたので、もう私の担当じゃないよ、と思ってたけど。

私は動物愛護がしたくてヴィーガンになったわけじゃないのだけど、全てつながっているのですよね。

世の中に存在するものは善も悪もない。とはいえ、嫌なものは嫌なのです。
私は嫌だという意思表示をしておきたいので敢えて取り上げておきます。

市場は、2014年に3,869億円規模へ拡大 -ペットビジネス市場調査を実施

総合マーケティングの総合プランニングは、ペットの小型化、室内飼育化、長寿命化、肥満化、健康志向の高まりといったペットの飼育環境の変化と社会的な要因により、世界的に巨大なマーケットを形成しているペットビジネス市場10+ 件について、4月~6月に調査を実施し、7月に調査資料「2012年版 ペットビジネス市場10+ 件の現状と将来展望」を発行した。

報告書ではペット関連製品(ペットフード、ペットケア用品、ペット生活用品)市場及びペット関連サービス市場における動向分析を行い、さらに、主要企業における国内・国外での動向についても調査・分析している。



簡単・便利。
お金さえ払えば何でも手に入る=大きな市場ってことです。
あの手この手で消費者のお財布を開ける努力をしているってこと。

その裏で殺処分の犬猫がワンサカいるんですよね。

全国の犬猫殺処分

毎年30万匹以上の命が消えている

 平成19年度の犬殺処分数は100,963匹、猫殺処分数は209,494匹、犬猫合計で310,457匹にのぼります。1日850匹、約100秒に1匹の犬や猫が殺されています。

保健所の現状について

殺処分方法

 一部の自治体では、動物に苦痛や苦しみをできるだけ与えない方法で殺処分を行い、遺体を焼却していますが、ほとんどの自治体で行われている殺処分方法は二酸化炭素 (CO2) によるガス殺です。このCO2ガス殺は安楽死とは程遠い殺処分です。特に子犬や子猫は呼吸量が少なく、死に至る前に焼却されている可能性があります。
 このような最期を迎える犬や猫が毎年30万匹以上います。

定時定点回収

 一部の自治体では、ある決まった日時、決まった場所で、野良犬や野良猫、飼えなくなった犬や猫を粗大ゴミのように回収する定時定点回収を行っております。もちろん、回収された犬や猫は保健所に連れて行かれ、不幸な最期を迎えます。



私が野良にゃんこ富を追い払ったのは、家畜化して欲しくなかったから。
生き物はオモチャじゃない。

動物を飼うという行為は家畜化するということで、共依存の関係を無理やり作ること。

最近は子育てだって自立させないようにしてるとしか思えないですけどねぇ。┐(´д`)┌ヤレヤレ
育てるということは「自立させる」ということなのです。
関連記事
スポンサーサイト





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。