そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





菜の花

Posted by ヨーコ on   0 comments

春ですね~。
お隣の菜の花畑がスゴ~イ!


菜の花



ミツバチさんたちの巨大レストランとなっています。(*゚∀゚*)
ミツバチさんじゃなくてもワクワクしちゃいます。

春はお花いっぱいでいいですね~。


菜の花


さて、今晩から数日お出かけするので、更新は帰ってからとなります。
書きたいことはいっぱいあるんですけどね・・・。
予約投稿という手もあるけど、サクサク書けちゃうタイプじゃないのです。
子供の頃はモタ子さんと呼ばれていたくらいなので。(; ̄ェ ̄)

ではでは、行ってまいります。





スポンサーサイト

もっと愛を学ぼう

Posted by ヨーコ on   2 comments

amazonではなかなか好調な売行きのようですが、もーっとたくさんの人に愛を学んで欲しいので、CM続行~♪(*゚∀゚*)

だって、ネ、これ、どう考えてもヒカルランドっぽくない本でしょ? 笑っちゃうでしょー。
ヒカルランド的には冒険でしょうか? ワカリマス。( ゚,_・・゚)ブブブッ

でもでも、インボーロン的にも、人類のためにも、いっちばん重要な『愛』。
本当の『愛』はかなり捻じ曲げられて、隠されています。
ここらでその連鎖を断ち切って、本当の『愛』に目覚めませんか?
それが覚醒というものです。


愛は化学物質だった!? 脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー愛は化学物質だった!?
脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー

スーザン・クチンスカス(箸)
為清勝彦(訳)

商品詳細を見る


さて、今日も大サービス。 本から抜粋してご紹介。

第3章 いつも孤独 より


♡ 欠陥のある愛着のサイクル

 問題は、空腹と同様に、この孤独のシグナルによって、めちゃくちゃな方向に行く可能性があることです。体が食べるように促しているのに、それに従わないのが拒食症ですが、助けを求めても、拒絶されたり苦悩を抱えたりする結果になることを学習してしまった人々がいます。幼児だった頃に、「熱い(ホット)」は苦痛を伴う火傷を意味することは、すぐにわかったはずです。お父さんが「熱いぞ!」と言えば、自然と手をひっこめ、やがて温度の高いものに近づくときは少し用心しなければならないことを理解するようになります。それと同様に、「ホット(怒りっぽい)」な親(ガミガミ言う母親、怒鳴る父親)を持つ人は、熱いものに近づくのときと同じように、慎重に他者に近づくことを学習します。
 親しくなることが傷つくことを意味する家庭で育った人は、そのオキシトシンの感情そのものが警告信号になることがあります。やさしい言葉や友好的な接触がオキシトシン反応を誘発すると、安らぎや幸福を感じるのではなく、脳が「やばい! ここから逃げなきゃ」と言い出すのです。
 そうなると、どんな人ならば、安全だと感じるのでしょうか? オキシトシン反応を呼び起こさない人です。かくして、安全を感じようとすれば、人と断絶して終わることになるのです。
 孤独な人は、果てしない不信と悲観の状態に陥り、それが彼らの世界を彩り、さらに孤独感を強化することになります。他の人ならば単なる不注意・過失として見過ごすことを、裏切りだと大袈裟に考えます。見知らぬ人は最悪の人物と想定し、友人や恋人の支援は見くびります。
 言うまでもなく、こうした態度は自動的に増強される性質があり、孤独な人を助けてくれるかもしれない情動的にオープンな人々を遠ざけることになります。孤独な人々は、周囲の人を悪く見る傾向にあり、それを察知した周囲の人々はその見返りとして孤独な人々を嫌うようになります。この歩行不能な傷を負った挫折者は、他の人々と同じ道を通って人生を旅しているように見えますが、彼らは毎日、孤独の深い井戸から水を飲んでいるのです。結婚して家族を持つこともありますが、絶えず入れ替わる人間関係の波に流され、「ふさわしい人を見つける」ことができないままの人もいます。人が大勢いるのに孤独です。たとえ親密な愛を発見したとしても、オキシトシンの安らぎ効果が、彼らの神経系の弦を掻かき鳴らし続ける、高レベルのストレス・ホルモンに打ち勝つことはできないでしょう。


♥ 苦痛の潮流 青年の4人に1人が深刻なリスク

 この孤独状態は、国民的性格になるのかもしれません。世代を経るごとにより重症になり、愛する能力が欠けていく方向へと、国民的な悲劇を作り出しているように思えます。
 2001年に、子供の発達と健康の専門家グループが、アメリカの子供の状態を調査しました。その結果は恐るべきものでした。米国の思春期の青年の4人に1人が、生産力のある成人になることができない深刻なリスクを抱えていました。その報告書では、育児が脳を形成することを認識した上で、オキシトシンが絆の形成に果たす役割が強調されていました。そして、警戒すべき傾向を指摘しています。非常に豊かな富を持ち、教育と資源へのアクセスに大きな格差のあるアメリカで、わたしたちは結びつくことのできない子供を産み育ててしまっています。子供たちの神経化学はうまく動いておらず、逃走・闘争の化学物質で麻痺しており、オキシトシンへの反応能力が悲しいまでに欠落しています。
 その「危険にさらされる子供たち委員会」が実施した調査では、鬱病、不安神経症、注意欠陥・行動障害、自殺、その他深刻な精神的・情動的・行動的障害が、子供や思春期の青年の中で増加していることが判明しました。それによると、1950年代以降、若者の病気やケガによる死亡率は約50%減りましたが、殺人行為は130%以上増えています。自殺率は140%近く上昇しています。今では自殺はアメリカの若者の死因の第3位になっています。
 これは不吉な統計です。33名の医師、神経学者、研究者、青少年活動の専門家からなる同委員会によると、9歳から17歳の子供の21%に診断可能な精神障害・嗜癖しへき障害があり、報告のあった学生の20%が過去一年に真剣に自殺を考えたことがありました。この若者世代は、その親の世代よりも、はるかに鬱状態・不安な状態になりやすいと、その報告書は述べています。
 委員会は、その原因を二つ挙げています。他者との親密な結びつきが十分でないこと、そして、道徳や宗教的な価値から社が切り離されていることです。子供たちの情動面の健康が悪化したのと同時に、教会や学校など、地域とのつながりを提供し、価値観を共有する社会組織が弱くなったと指摘しています。



マザリングの重要性をみんながもっと知って、この連鎖を断ち切らないといけませんね。
そして、癒されないといけません。

マザリングは、もちろん母親だけの仕事ではありませんが、私たちは哺乳類ですから、お乳を与えられるのは母親だけなのですよね。
そこを考えたら必然的に、母親の重要性は避けることができません。
哺乳類で授乳を放棄するということは、子育てを放棄すること。つまり子供が死んでもいいということです。
こういう辛口な発言をすると反発されちゃうかもしれませんけど、自分のお乳以外のもので子育てを代用する哺乳類は人間だけです。
これは異常行動だと私は思っています。

オキシトシン


そういう私も子育てを通して、自分の子供と一緒に幼い頃の自分を育てなおしたのだと思います。
今はとーっても幸せですから。(*゚∀゚*)

まずは自分のことをよく知るところから。

だから愛を学ぼう~





豊かってな~に?

Posted by ヨーコ on   5 comments

私は普段石鹸すらめったに使わない生活をしているので、スーパーやホームセンターに行くと、家庭用品のコーナーには臭くて近づけません。
実は、道で人とすれ違うときには息を止めたりしています。
宅配の運送屋さんとか、マンションの火災報知器の探検の人とかが来た時もヤバイ。
そして、エレベーターに乗ったときの残香。そこに人の姿はなくても物凄い匂いが残っています。

元々、犬並みと言われるくらい匂いには敏感だったけど、今どきの化学合成香料は物凄く鼻につくんです。

特に柔軟剤やシャンプー&コンディショナーは酷いですよね。
あれも香りの中毒で再使用したくなるって知ってた?
みんな、やられてるよ~。( TДT)

ちなみに

化学合成香料の香りとこどもへの影響について

受精卵や胎児だけでなく小さな子どもにとっても、こういった化学物質に囲まれて
生活している現代においてはできるだけ不要な曝露を避ける工夫が大事ですね。
この曝露って何も特別なものによってではないところがこわいところです。

香りは嗅覚、脳で感じますから、それを考えるとこういった芳香剤はどうなんだろうと。
化学物質が嗅覚を介しておこす情報撹乱と神経系等を介して化学物質そのものの侵入による
脳内物質撹乱。。。。。

経済がまわることと人の健康がアンバランスであることは
今更ここで言うまでもないですが、リスクはリスクとして把握しておくといいかと
思います。



豊かってなんでしょうね~?

冷静に考えたら要らないものを作り出して、それで体を壊してる。
体どころか、地球全体に悪影響を及ぼして、それが豊かで快適なんでしょうか?

↓3分弱の動画です。再生後、右下に出る白い四角いマークで日本語字幕をオンにしてくださいネ。





そーいうわけでっ。

私は生活にいろんな洗剤は必要ないと思っているので、今はとってもスッキリした生活をしています。

キッチンも、洗濯も、掃除も、水で落ないものは重曹と過炭酸ナトリウムと無添加の石けんで充分事足ります。
お風呂でも、石鹸はほとんど使いません。そしたらかかとまでツルツル。
シャンプー&リンスを使うから毎日髪を洗わずにはいられなくなるのです。
本当にやってみたらわかります。

あ、でも動物性のものや油ギッシュなものをガッツリ食べる生活だと、もしかしてダメかも?

やっぱ、食べるものを間違うと、全てにおいて
ムダが発生するんだわ~。((((( ⁰⊖⁰))))))))


私たちの食べ物は↓コッチ。


フルッタパフェ





春爛漫

Posted by ヨーコ on   0 comments

チェーンソーが故障してしまい、修理に出している間、森仕事はしばらくお休みしていました。
今日しばらくぶりに行ってみると、ミモザがちょうど満開♪


ミモザ


このヒヨコみたいなポワポワがカ~ワイイんですよね~
大好きなお花のひとつです。


スミレ


それから、なんと、スミレの大群も咲いていました。


モモ


去年植えた桃やアーモンドも咲いていました。
モミジイチゴもいーっぱい群生しているんだけど、もうお花がたくさん咲いていましたよ~。
今年は実がつくかしら?

アケビの蕾もたくさんついていたし、お隣の神社の、不法侵入の桜もチラホラ咲き始めていました。
枝が大幅に伸びてきて、まるでうちの桜みたいになってるの。(*゚∀゚*)ラッキー♪

これからしばらくの間、桃やプラム、サクランボなどが次々咲いて春爛漫ですね~。

写真撮り忘れちゃったけど、森で摘んできた山ミツバをサラダにどっさり入れて食べました。
野草は栄養も満点。当然生で食べなきゃネ。
おるごんの森には野芹やよもぎもたくさん生えています。

本当はマーカスさんみたいに、摘んだその場でモシャモシャ食べちゃうのが一番なんですけどネ。






Category :

バンドワゴン効果ってな~に?

Posted by ヨーコ on   0 comments

今年のトレンドとか、バーゲンセールとか、行列のできる店とか、踊らされていませんか?
真っ赤に焼けた靴で死ぬまで踊る白雪姫の継母のように。₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾

あなたの今の価値観は自分の感性で決めたこと?

バンドワゴン効果(Bandwagon Effects)

 バンドワゴン効果とは、ある製品・サービスを消費する人が多ければ多いほど、顧客がその製品・サービスによって得る満足・安心感が増加する効果のこと。群集心理における同調現象のひとつ。

 また、流行しているという空気を醸成することによって、その製品・サービスへの支持は一層強くなる。
 アメリカの経済学者、ハーヴェイ・ライベンシュタイン(Harvey Leibenstein)の提唱した、消費外部性理論のひとつ。
 勝ち馬効果。

 バンドワゴンとは、行列の先頭の楽隊車のことであり、勝ち馬に乗る・時流に乗る・多勢に与する、といった意味がある。
 バンドワゴン効果の背景には、個人の判断よりも集団の決定に従うという同調現象が影響して、大多数の人が良いと評価しているものは良いものだ、という判断が為され購買行動に結びつく。
 他者の所有や利用が増え、流行しているという判断がしやすい状況であればあるほど、バンドワゴン効果は発生しやすい。

 製品・サービスの判断基準を自己に求めるのではなく、社会的承認と呼ばれる集団の評価基準によって判断することで安心感を得ていると考えられる。
 これは、イノベーター理論における、マジョリティの購買傾向に顕著にみられる。

 また、バンドワゴン効果は、マスメディアなどによる報道が投票行動に影響を及ぼす、アナウンスメント効果の要因のひとつとして、政治学でも用いられている。
 優勢だと報道された候補者を支持するように世論が移っていく、なだれ現象の例として挙げられる事がある。

 流行やヒット商品への顧客の需要集中はバンドワゴン効果によって生み出されている場合も数多くある。

 例えば、ラーメン屋やパン屋などでは、あえて客席数やレジを少なくすることで、行列を生み出し、注目度や売上を高めている場合もある。行列は、需要が集中している状況が目に見えるものであるため、バンドワゴン効果を生み出す要因となりやすい。

 また、ファッションの流行においては、流行色や流行アイテムをアパレルメーカーや雑誌が一斉に推すなどして、バンドワゴン効果を発生させている。実際に街頭でアイテムを目にする機会も増えるため、更なるバンドワゴン効果が働き、流行を形成しやすい。

 売上No.1やランキングNo.1、満足度No.1といった宣伝文句も、バンドワゴン効果を生み出す要素として宣伝・広告などで活用されている。

 バンドワゴン効果をうまく活用できれば、流行感や大多数が選択しているという安心感を作り出すことが可能である。



若い頃、なんであんな変なファッションが流行るのか不思議だったけど、自分がファッション業界の企画部にお勤めして、にゃるほど~!っとガッテンしました。

ちなみに、バーゲンなどは要注意ですよ。
あれ、バーゲンに合わせて、その価格に見合うものを量産して投入していますから、別にお買い得なわけじゃないものもたくさんありますからネ。

真っ赤に焼けた靴を履かされないように注意しましょ。
そういう商品だらけなんだということを肝に銘じましょう。
それはどうしても必要で、それじゃないといけないもの?

その問を繰り返すと、実は要らないものだらけなんですよね。

「あると便利」は、「なくても大丈夫」だったりする。

そしてその商品の背景も見ましょう。
あなたの消費が世の中を動かすのですネ。
買うという行為は認めるということ。
背景がステキじゃないものはできるだけ避けましょう。

例えば・・・


象牙
★詳細は画像のリンク先で。


だって、こーゆーのイヤでしょ。
みんな好きじゃないでしょ。

こんなのがいーっぱいあるんですよ。
知ってたら買わないでしょ。

だから無知は罪なのです。

あなたの今の価値観は、自分の感性で決めたこと?





驚愕の劣化事情

Posted by ヨーコ on   2 comments

今朝ひょんなことから驚愕の事実を知ってしまいましたっ!
そんなことがあるなんて、今まで知らなかった・・・。

「入浴 膣にお湯が入る」の検索結果

えぇぇぇ~~~っ !? ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

そんなことがあるなんて、聞いたこともなかった私は驚いてしまいました。
しかも最近は若い女性でも尿漏れする人が増えているんだとか。
原因はなに?

10代20代の若い女性も増えています

頻尿・尿漏れで悩んでいるのは、年齢に関係なく10代や20代といった若い方にも起こってきます。10代の頻尿・尿漏れというのは、通常の尿漏れとは違って、尿道の中での残尿が原因で起こる尿漏れがとても多くなってきます。

排尿障害の原因というのは、決して年齢的な事だけで起こるものではありません。例えば、日常生活における運動不足などからくる筋力の衰えやホルモンの分泌の乱れなどの影響も大きく関係していきます。排尿のコントロールは自律神経が支配していますので、自律神経の狂いによっても排尿障害が発生することになります。

現代社会は何事においてもとても便利になっています。昔に比べてあまり歩くことも少なくなっています。このように、生活が便利になるにつれて、身体の筋力も衰えてきています。また、現代社会はストレスが多いため、10代といった若い年齢でも、心因性過活動膀胱や過活動膀胱などの症状に悩まされる方が多くなっています。



ホントですか? ショックですねー。
家畜化が進み、ここまで劣化しているとは・・・。(ッ_ _)ッガクッ

以前紹介した↓この本。 記事はコチラ→ エリクサーグッズ♪




ここにはこう書いてあります。

生殖器のエクササイズを行う重要性

 骨盤の筋肉は、極めて重要な部分であるにもかかわらず、ここを強化するためのエクササイズは、性行為のほかにはほとんど存在しないのが現状です。骨盤領域の「気」を高め、生殖器やその周囲に複雑なネットワークを形成している腱を強化するためには、骨盤のエクササイズを行う必要があるのです。
 骨盤の領域を強化することの重要性には、計り知れないものがあります。膨大な数の神経や血管、そしてリンパ腺が骨盤内に通じていて、体のあらゆる部分と関係を持つさまざまな組織の末端が、この領域に存在します。各器官に「気」を運ぶ経絡も、主要なものはすべてこの領域を通っています。ここがブロックされたり弱くなったりすると、エネルギーは消散し、さまざまな臓器だけでなく、脳にまで障害が起こります。多くの老人に起こっているのは、まさにこの現象なのです。年配者は、直腸および骨盤の筋群が張りを失って緩むことによって、生命に欠かせない生気が徐々に流出するために、体が弱ってしまいます。



あらっ、大変!!((((☉θ☉))))  
ここには骨盤隔膜とか、尿生殖隔膜とかがあるんですね。

先日買ったエッグはまさにエリクサーグッズです。


卵カンフー 黒曜石中



しかし、日本人はセックスレスのカップルが信じられないくらいいるってことにも驚きましたが、まさかここまで体が鈍っているとは思ってもみませんでした。

意識して鍛えましょう。





本当の自分を探そう。

Posted by ヨーコ on   0 comments

私もイラストで参加させていただいた↓この本。

amazonで見るとインボーロン系の本と一緒に並んでたりして、非常に不釣合いな表紙に思わず笑っちゃいますが、実は決して不釣合いな内容ではありません。
愛こそ正に支配、操作されている一番の要なのですから。

その延々と続いてきた支配から解放されるための、本当の自分探しにきっと役立つと思います。
ぜひチェックしてみてくださいネ。


愛は化学物質だった!? 脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー愛は化学物質だった!?
脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー

スーザン・クチンスカス(箸)
為清勝彦(訳)

商品詳細を見る



そしてこの本の見所は「訳者あとがき」なのです。
一部抜粋して紹介します。


 さて、私が本書に興味を持ったそもそもの理由は、人口は何故増えるのか?という疑問を性愛という観点から解明したかったからである。
 経済的な競争、飢餓、戦争といった人間社会のありとあらゆる不幸の源を辿ると、人口の過剰という問題に行き着く。過剰とは、「人の口」と書くとおり食べ物の量に対して人の数が多すぎるということだ。人口が過剰に増えると、社会が乱れ、戦争などで一時的に人口が減るかその戦争を契機に新たな技術が発明され、その結果、食糧生産が増え、増加した人口を維持できるようになる。しかし、再び人口が増え、人口過剰になり社会が乱れるという繰り返しなのだ。ざっと歴史を振り返ると、森林が失われ、農耕が始まって穀物が主食になり、耕地面積の拡大に比例して人口は増加した。産業革命以降は、石炭・石油(化石燃料)の利用技術の拡大による食糧の増産(特に化学肥料)に応じて世界的に人口が爆発した。いまや先進国では食べ物があり余っていながら、人口が減るという人類の歴史的には奇妙な段階にあるが、中国やインドを含めた世界全体で考えると人口は増え続けており、食糧生産の増加が人口の増加を招くという法則は、いまだに妥当である。
 このように人口の増加は、食糧不足という厄介な問題を引き起こすというのに、それでも人々は、出産を祝い、死を悲しむ。同じことが、マクロ的には人口増加として、ミクロ的には性愛(生殖)として表れているわけだが、この関係はどうなっているのだろうか。
 人類は家畜のように飼育・管理されており、その増殖から生じる混乱、混乱から生じる恐怖や悲嘆といったネガティブな感情をエネルギー源(つまり食糧)としている存在に支配されているという陰謀論(詳しくは、本書と同じヒカルランドのデーヴィッド・アイク著、拙訳『ムーンマトリックス』を読んでいただきたい)の視点に立てば、この人口増加の問題は極めて大きな意味を持つ。
 人口が増えるのは、単純に言えば、セックスするからである。だが、セックスすれば必ず妊娠するわけではない。さらに言えば、妊娠後の堕胎や、出産後の間引きがあれば人口は増えない。
 人間が農作物について品種改良を重ねて増産を図っているように、人類を支配する存在も効率的に人間が増えるように遺伝子を操作したのではないかという仮説が置ける。神は自らに似せて人間を造ったそうであるから、人間がやっていることは、だいたい神もやっていると想像できるわけだ。



続きは本でどうぞ!

そして早く本当の自分を取り戻し、本来の幸せな生き方をするべきです。

オキシトシン






フルーツでできたコスメ

Posted by ヨーコ on   2 comments

いつも紹介している80/10/10 Dietを実践されているアリシアさんがホームページで紹介していたので、早速チェック~♪

それは・・・100%Pure

フルーツや野菜からできたコスメとスキンケア。 
人工香料、合成化学物質、合成着色料、化学保存料などは使っていないので安心です。

そして、動物実験もしていません。


100%Pure


今回私が買ってみたのは、ボディークリームのフレンチラベンダーと、ハンドクリームのバニラビーン、リップグレーズのビクセン、リップバターのストロベリーの4点。

普段、石鹸すらめったに使わないのでかかともスベスベなんですけど、やっぱり冬は乾燥しやすいし、特にお湯で洗い物をしちゃうとやっぱり肌荒れしやすくなっちゃいます。
でもね、このハンドクリームの成分を見たら、ハンドクリームとして使うなんてもったいない!!
お顔に普通に使えますよ。

ボディークリームもハンドクリームもベタつかずにしっとり。
香りも強すぎず、とっても心地よい使用感です。
う~~~ん、なかなかのスグレモノ。


100%Pure


こちらはリップバター。
色がつくリップクリームなんだけど、なかなか良い発色です。
缶がカワイイ~!


100%Pure


そしてこれは口紅。

私は4年前から口紅以外の化粧はやめてしまいました。だって普通のファンデーションなんて老化促進剤ですもの~。
えっ?まだ使ってるって?
マジ、今すぐやめたほうがいいですよ~。((((;゚Д゚))))
どうしても使いたいならここのがマシかも。
でも気になるのが「酸化チタン」と「酸化亜鉛」。
やっぱりファンデーションが無くてもOKな肌目指したほうがいいと思うけど。


100%Pure


でもここの口紅はかなり優秀です。
天然フルーツから抽出した着色料って、スゴイかも。

そういえば、先日紹介した映画、美しき緑の星にお化粧に関する面白いシーンがありましたネ。

「口紅をつけないと愛されない?」( ゚,_・・゚)ブブブッ

あ、まだ見てない人は43:05あたりからがこのシーンです。
もしこんなふうに聞かれたら、お化粧する意味を答えられる?

私はスッピンでも、私のそのまま、まるごと愛してくれるダーリンがいるからいいんですけど~(//∇//)

人類のやっていることは、ホントは無意味なことばっかりですね~。うはは。





廃品祭り

Posted by ヨーコ on   0 comments

私は以前、残忍な夢をよく見ていたのですが、中でも印象深い夢を紹介します。

ある日、お祭りがあるようで、大きな広場の真ん中にたくさんの屋台が円形に並んでいます。
その中央には小高い丘のように燃やせる廃品が積み上げられていました。

何が捨てられているのかよく見ると、廃品の丘の上には、枯れ木のようなお爺ちゃんやお婆ちゃんが棒に括り付けられて、あっちこっちに立っているのです。

えっ?((☉ω☉))

と思った瞬間、そこに火が放たれて、お祭りの始まりです。
軽快な音楽が賑やかに鳴り、屋台ではいろいろな料理が作られています。
その中央で、乾燥した廃品がみるみる燃え上がり、そのお年寄りたちはまるでスルメイカを焼くときのようにうねうね体をくねらせながら燃えていくのです。
踊っているようにも見えます。

炎をぐるっと囲む屋台の鉄板には、ジュージューとハンバーグや肉などが焼ける匂いが立ち込めています。
お祭りはどんどん盛り上がっていきます。

なんてシュールな光景なんだろう、みんなはなんとも思わないのか?
なんであんなに楽しそうに食べていられるんだろう?とか、すごく困惑しました。

それは私がまだまだヴィーガンという生き方と出会う何年も前に見た夢。
目覚めてからもずーっと困惑しました。(; ̄ェ ̄)

今考えると、牧場でバーベキューをする光景とかもそんな感じに見えます。( ゚,_・・゚)ブブブッ





Category :

覚醒しなかったら滅亡あるのみ。それでいーのだ!

Posted by ヨーコ on   2 comments

いつも行く野菜直売所の販売課長がマスクをしていました。
ここの直売所はおばちゃん二人とおじちゃん一人しかいないけど、おばちゃんたちはネームプレートを首から下げていて、ちゃんと販売課長と販売主任って書いてあるの。( ゚,_・・゚)ブブブッ

課長は3日前から花粉症になったのだとか。
私に、「花粉症は大丈夫なの?」と聞くので、「4年前まで重症でした~。」と答えると、
「どうやって治したの!?」とかぶりつきリアクション。
なので、「肉や乳製品をやめたの。」と教えてあげたら・・・

「あ~、体質が変わったんだねぇ。」で、話はおしまい。チャン♪チャン♪

全く聞く耳ナシ。
いつもは私にテレビで見た健康のためのアドバイスをしてくれるんですけどね~。
ブルーベリーは1日たった3粒で目が良くなるとか、タマネギは血液をサラサラにするだとか・・・。
みんな健康のために何かをプラスするのはできるんだけど、マイナスすることは前提にないんですよね。
「美味しいものを我慢するくらいなら死んだほうがマシ」なんですよね~。( ゚,_・・゚)ブブブッ
今の味覚は刷り込みによるものなので、本当に美味しいかどうかも疑わしいんですけど。

少し前にマグネシウム不足でいろんな病気を起こしてるという記事を書きましたけど、そんなこと言ったらゴ●ムちゃんたちはマグネシウムがいっぱい入ってる食品を食べればいいとか、サプリメントを摂ればいいとか考えます。
そこをうまいこと利用して大きな市場ができるわけで、今の社会が出来上がっているんですけどね~。

生活に関してはプラスじゃなくてマイナスの発想をしましょう。
余計なものを食べなきゃ全て順調に行くんですから。

そもそも本来は食べられないものを加熱調理して無理やり食べるからおかしなことになるんです。

そこを正さない限り今の世の中の矛盾はなくならないですよね。
それには幼い頃からの洗脳を解くしかないんです。親や社会にバッチリ洗脳されているのです。
せっかく立派な脳を持ってるんだから、情報を精査して冷静に考えましょう。
どれが一番理屈が通るのかを。

私の場合はヴィーガンのレシピ本がきっかけになりました。
世の中には動物性の食物を食べなくても健康に生きている人がいる。
家畜は不要。もうそれだけで立派な証拠です。
ついでに、家畜がどういったものかを徹底的に調べると簡単に洗脳は解けやすくなります。

食の洗脳から目覚めよう!まず知ろう!「大ヒット!現代人必見のドキュメンタリー映画☆いのちを救う食卓革命☆フォークス・オーバー・ナイブス☆」

キャンベル博士たちが達した革新的な結論
~命を脅かす重病の多くを改善し治癒する方法とは~

未加工の菜食主義を実践すること。
食べていいのは自然のままの食品のみ。
つまり果物や野菜 穀物に豆類などです。
肉・乳製品・卵といった動物性食品は避けます。
漂白小麦粉、白砂糖、油など加工食品も摂りません。
2人の研究は自身の人生を大きく変えました。

「未来の医師は薬ではなく食物で病を治療するだろう」トーマス・エジソン

この様な情報を知ると、疑問を抱かずにはいられません。
肉食の消費が拡大すれば誰が潤うのでしょう?
人々が病気になったら誰が潤うのでしょう?
なぜ思い込ませる事が必要なのでしょう?
命よりも利益を優先する巨大な組織構造。
洗脳の背景にも目を向ける必要があると思います。
私たちは操り人形なんだと感じます。
世界で一番穀物を消費しているのは家畜です。
カーギル=モンサント
肉食は悪魔の企業の片棒を担いでしまう事にもなるんですね。
動物性食品を断つ事は、この腐敗した世界を変えるきっかけのひとつになるのではないでしょうか。

「食」から見る現代社会への疑問

たった一頭の牛が20世紀の世界を変えたのです

19世紀のイギリスで「アンガス」という新種の牛が誕生しました。脂肪が多く肉質が格段にやわらかくおいしい牛肉です。ところがこのアンガス、その肉質を柔らかくする為には、トウモロコシ、大豆などの穀物を大量に与えなければならないのです。

今や世界中に広がったアンガス牛、この牛の登場が穀物の大量生産、大量消費という世界を生み出しました。

20世紀の経済発展は肉食への飽くなき要求を生み出しました。それを可能にしたのはアメリカです。穀物を買い付け、世界中で取引をする、巨大な多国籍企業、穀物商社『カーギル』などが誕生したからです。

農業の大規模化と機械化から、国内の需要を遥かに超える生産力を持ったアメリカは、輸出先が減ると、たちまち不況になるため、輸出先を確保するための戦略を開始しました。「世界の人々の食生活を変えようとしたのです。穀物を輸出する為にはなんでもやりました」と当時のアメリカ農務省次官補が番組の中で言っています。

70年代には世界中の多くの国の食卓はアメリカの穀物がなくては成り立たなくなっていました。穀物輸入は外交上の大きな武器になったのです。経済的な利益だけではなく政治的な利益。アメリカは穀物という本当の価値のある貨幣を持ったのです。

「食料はアメリカが持つ強力な外交上の手段です。とりわけ食料を国内で自給できない日本には有効な手段です。日本に脅威を与えたいのなら、穀物の輸出を止めればいいのです」

これも当時のアメリカ農務長官の、この番組での発言です。こわいですね。市場開放という政治的圧力をかけて他国の自給力をうばっておいて、こんな事を言うのですね。

現在の最大のターゲットは中国です。中国への戦略をみると、日本がたどってきた道が見えてきます。

まずは、一般の人に穀物飼料の家畜の肉のおいしさをPR活動。農村へも従来の餌では栄養が全然足りず、成長が遅いなどと穀物飼料の利益を伝え歩き、技術の導入をはかるのです。とにかく市場の需要を拡大させる。洗脳がとっても上手です。

需要が供給を上回るようになったら、アメリカからの輸入に頼らざるを得ません。それが狙いなのですが、中国政府は、アメリカに食料を依存した結果、外交上の立場が弱くなった多くの国々の歴史を見てきているため、国内での自給をつらぬいています。*番組は99年ですが2007年の現在、燃料エタノールの需要なども加わり、状況は流動的でしょうが、まだ輸入大国にはなっていません。

そしてアメリカが牛肉消費の拡大のための切り札として使った「ファーストフード」その日本マクドナルド創業者の藤田氏の企業戦略も番組の中で紹介されていました。

「ターゲットを12歳以下の子供にしぼること。研究によると人間は12歳まで食べていたものを一生食べている」
一般に言う“おふくろの味”ですね。こんな不健康な物を子供の脳にすり込む戦略...怖い策略です。

「Super size me」という映画はみましたか? 

ファーストフードがどんなに体に悪影響を及ぼすか人体実験をしたドキュメンタリー映画です。日本語吹き替え版がネットにありました。

(リンクされている動画はもう見る事ができなくなっているので省きます)

何故マクドナルドが攻撃の対象になったのかというと、業界トップであるという事だけではなく、他社のどこよりも多く子供達を誘惑している。それが罪深いと言っています。

ジャンクフードがあふれているアメリカの学校、学校の給食を変えれば、明らかに生徒達の生活態度、意欲、集中力など向上するのがわかっていても、ジャンクフードを作る会社の抵抗が激しいため、改善ができないそうです。それらの企業は給食から莫大の利益を得ているのです。子供達を一生中毒にするつもりです。と理学博士は表現していました。

大きな利益をあげなければいけない大企業、その企業と連携して働くアメリカ政府。そしてその政府に抵抗できない日本の政府(きっとオーストラリア政府も)。そしてそれに追従する世界中の企業。

彼らは人々の暮らしに何が必要で何が危険かなんて、これっぽっちも考えてないとわかります。ファーストフードが健康によくない事も、大量の動物性たんぱく質摂取が病気を起こすことも、そしてそれが世界の飢餓を起こすことも、はっきり証明されていますが、そんなことは全く関係がないのです。



というわけで、動物の開放を願ってヴィーガンになる人も、健康を追求してヴィーガンにたどり着く人も、私のようにレシピが面白いと感じて(動機が不純?(//∇//))ヴィーガンに興味を持つ人も、結局調べてたどり着くのはインボーロンなのです。
だって、本当は陰謀でも何でもないんだもの。陰謀って「密かに企む悪事」でしょ。
ちょっと真面目に調べたら大々的に普通に、経済活動の一環として行われていることなんですから。
これは、私たちが「経済」という観念をひっくり返さない限りどうにもならない蟻地獄なのです。

そういうことを根本的に知るために↓この本が一番オススメ。
私の生活を一変させた本です。
amazonのレビューを見ていただいてもわかるとおり、中途半端な陰謀論系の怪しい本ではありません。
ジャーナリストが緻密な調査をして書き上げたものです。
海外では20万部も売上げ、大学院で修士課程や博士課程で課題図書のひとつとして扱われているシリーズ本なのです。
これが日本では早くも絶版なんだから失笑しちゃいますよね~。
日本人のレベルがいかに低いかよくわかります。



マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配 【アグリスーティカル(食糧・医薬)】編 (超知ライブラリー 53)マネーハンドラー ロックフェラーの完全支配 【アグリスーティカル(食糧・医薬)】編 (超知ライブラリー 53)
(2010/04/29)
ウィリアム・イングドール(著)
為清勝彦(訳)


商品詳細を見る


ウィリアム・イングドール 「完全支配」シリーズ・全3巻のご案内

かつてヘンリー・キッシンジャーは、「石油を支配する者は、諸国を支配する。食糧を支配する者は、人口を支配する。マネーを支配する者は全世界を支配する」と語りました。その石油・食糧・金融の3テーマに沿って書かれた三部作です。英米(アングロサクソン)支配層の視点を軸に、三つの角度から描かれた現代世界の全体像と言ってもよいかと思います。

このシリーズは、過去1世紀の世界規模の戦争の歴史を学ぶ上でも、「新世界秩序」へと向かう現在の世界情勢を理解する上でも、体系的な情報を得ることのできる優れた内容であり、ぜひとも日本語化をとご提案したところ、徳間書店の石井編集長にご理解いただき、この貴重な出版が実現する運びとなりました。このシリーズは、私としても自信をもってお勧めできる内容です。(訳者:為清勝彦)



最近STAP細胞とやらの捏造疑惑とかで騒がしいようだけど、ハッキリ言ってそんなものが作られたら迷惑千万だわ~。
だって、そんなものが出来ちゃった日には、毒食べるから病気になってるのに、行動は改めずに病気だけ治してしかも若返ったりされたら、地球にもっともーっと負担かけちゃうでしょ。
製薬マフィアが潰しに掛かってるとかいろいろインボーロン的にはツボな解釈をしたがる人がたくさんいるけど、私だってそんなものぶっ潰したいですよ。

覚醒しなかったら滅亡あるのみ。それでいーのだ!(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

ま、実際みんな花粉症や糖尿病やがんになるって決めてるんでしょ。
トレンドだからね。

行動は今のまま、トレンドをちょっと取り入れて楽しみながら、みんなと一緒が安心なのだ。
私は「いち抜けた~!」だけどネ。(*゚∀゚*)





Category :

白い女

Posted by ヨーコ on   0 comments

いつから見るようになったかはハッキリ覚えてないけれど、小学校高学年の頃から高校生の頃まで、毎年春になると数回見る夢がありました。
いつも内容はほとんど一緒。

その夢は・・・

外で遊んでいると、突然、みんな走って家に帰り出すのです。
周りの家々は、戸締りを始めます。みんな雨戸まで閉めて厳重に鍵をかけています。
私もとにかく急いで家に帰って、必死で家中の鍵をかけて、電気も消して、息を殺して隠れるのです。

すると静まり返った町に足音が響いてきます。
坂の上の方から裸足の足音が、ヒタヒタ、ヒタヒタ・・・。

それは真っ白い着物を着た、真っ白い顔の女性。無表情だけどとても美しい女性。
髪は長い黒髪を無造作に垂らしています。そして裸足。

町中、とにかく女性が通り過ぎてくれるのを息を殺して待つのです。
その裸足の足音だけが鳴り響きます。
それはそれは恐怖なのです。

そして、通り過ぎると、やっと安心してみんな普段の生活に戻ります。


いつもいつもこのパターンは同じでした。
毎年繰り返して見るうちに、夢の中で、「あっ!これはまた同じ夢だ」という意識ができました。
何年か繰り返して見るうちに、春になると「そろそろかな~?」なんて思ったりして・・・。


DSC00141.jpg



そして、最後にこの夢を見たのは高校生のとき。

いつもと同じように、私は必死で家に帰り、家族に「来るよ!早く鍵をかけて~!」と叫んで家中の窓を閉めてまわりました。
でも、その年は裸足の音ではなく、なぜか草履のようなものを履いている足音。
坂の上の方から足音がどんどん近づいて来ました。

その時、玄関の鍵を締め忘れたことを思い出して、慌てて玄関に走って行き、鍵を掛ようと扉に手をかけた瞬間、

ガラガラ~ッ!

と玄関のガラス戸が(和風な家に住んでいました)開いたのです。

しまった!!間に合わなかった!!と体が硬直した瞬間、
入ってきたのは小さな男の子でした。

恐怖心は全くなく、それどころか可愛らしい男の子だったので、私はいくつかお菓子を袋に入れて渡しました。
そしたらその子はにっこり笑って受け取ると、帰って行きました。

ガラス戸が開く直前までは女性の気配だったのに・・・。

それを最後に、この夢は一度も見ていません。
あれは何だったんだろう???






Category :

本物はなかなか理解されない

Posted by ヨーコ on   0 comments

本物はなかなか伝わらない。
どうしてかなぁ???

メディアや学校が常識と称して嘘ばっかり垂れ流すから?

それにしても・・・ねぇ?
ちょっと冷静になって精査すれば自ずと本物へたどり着くのが本来の姿なのでは?

常識=多数決 
たくさんの人に支持されていること=正しいこと(当たり前のこと)


それが暗黙の了解の上に成り立っているのですよね。

そういえば、私も以前、政治のことや世の中のことを覆す様なことを言うと、身近な人によく言われたっけ。
「そんなの常識だぞ(そんなこともやりたくないのか)」って。
それから、「もしそうだったとしても、どうしようもないじゃん」って。

常識を守ることが大人らしさなんだと思っちゃってる人、大多数だもんね。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

何がステキとか、どんなことが幸せとか、モノの善し悪しとかまで、メディアの流す価値観で決まっちゃってたりする世の中。

私はファッション業界で企画のお仕事をしていたので、世の中の流行がどうやって作られるのか知っています。
あれ? もしかして流行は自然発生すると思ってる人がいる?
残念ながら2年も前にインターカラーという国際機関が決めているんですよ。
どこのデザイン企画部もその情報を基に作るのです。
みんながステキと思ったから流行るわけじゃないのですよね。
14カ国で2年も前から一斉に同じトレンドを作るのです。

モノが売れるのはどれだけ頻繁に目につくようにCMできたかなんですよ。
如何にたくさんの人に、あれがトレンドだと思い込ませるかなんですねぇ。
常識という認識と同じです。

今常識と思っていること、今ステキだと思っていることは本当にあなたの感性で認めていることですか?

昨日、面白い映画を見つけたので、ダーリンと二人で観ました。
超オススメです。日本語字幕付きなので、皆さんもぜひ~。


)



美しき緑の星

作品紹介
誰もが協調のうちに暮らし、みんなが幸福で互いに助け合い、何でも分かち合い、お金の必要がなく、自然と共に暮らす世界があったとしたら……そんなの、ありえない?

「美しき緑の星」は他に類を見ないフランス映画です。メディア経営者らの手によってEU内では事実上の発禁状態にあるのです。マイナーなチャンネルで深夜に放送されたことが2回ほどあるのを除けば、1996年以来テレビで放映されたことはありません。ヴァンサン・ランドンやコリーヌ・セローなど有名な俳優が出演しているにもかかわらず、探しても、なかなか見つからないのは、そのためでした。これは世界中の人々に大きな目覚めを呼び起こす映画です。昔から本当のことを隠しておくのは難しいものですが、ちょうどそんなふうに、みなさんも本当のことを知るに至ったというわけです。

監督の言葉
世の中の仕組みを根底から問い直すクレイジーな映画を撮ってみたいと思いました。それで長い時間をかけて考証を行ったのです。無駄になったシーンやアイデアを書き留めたノートが何冊にもなりました。次から次へと疑問が生じたのですが、そのすべてに答えが得られたわけではありません。そうして、風にそよぐ木々に見守られながら、台本の執筆に取りかかったのでした。

完成した台本を見た人たちの反応は実にさまざまでした。このプロジェクトの資金援助には乗り気でない人たちが何人もいるとプロデューサーのアラン・サルドが言います。「本当にこの映画を撮るつもりですか?」と彼が言うので、私は熱を込めて「もちろんです」と答えました。

かくして映画は封切られたのですが、完全な失敗でした。誰も興味を示さなかったのです。客が入らず、批評家からは酷評されました。業界にとって、この作品は理解不能のUFOだったのです。しかし、この映画は死にませんでした。こうした逆風にもかかわらず「美しき緑の星」は生き残り、生き物のように成長し、人の話題となったのです。この映画が必要とされているからでした。この映画が世の中に発するメッセージのためだったのです。一緒に映画を見て語り合う「美しき緑の星」クラブのサイトが、いくつもインターネットに見られるようになりました。

私は早すぎたのでしょうか? この映画のように価値観を根底から問い直すことで世の中を変えることが必要な、ぎりぎりの瀬戸際まで私たちは来ているのかもしれません。



そりゃ、メディアのスポンサーは企業だから、肉も加工品も、自動車も、み~んな否定しちゃったら誰も取り上げてくれないですよね。

これ見てたら80/10/10Dietのグラハム博士が如何に本物かということとつながっちゃいました。
本物はモノが要らないだけに、商売にならないのです。
そして人工的なモノがたくさんあることが幸せだと思っている人ばっかりだし。


この映画、何度も笑っちゃいました。
だって、普段ダーリンと私の思っている世界観とバッチリ合っているんだもの。

大丈夫か、地球~~~~~!? o(-`д´- o)


DSC00121a.jpg
★ぜ~んぶフルーツ。フルーツだけで作ったフルーツパフェ。



↓コチラはグラハム博士のフェイスブック。
Dr. Douglas N. Graham





もっとフルーツをください。

Posted by ヨーコ on   0 comments

80/10/10Diet実践者、アリシアさんの最近の食事のご紹介。

甘~いフルーツ、いーっぱい食べてますね。
そしてサラダ!美味しそう~!





いいなぁ~。一年中いろんなフルーツが手に入って。
やっぱ温帯の日本じゃダメですねぇ。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ

フルッタパフェにりんごや苺を入れたり、冷凍ドリアンを食べたり。
この前冷凍ジャックフルーツ初体験しました。


デーツ&フルッタパフェ


もっといろんなフルーツがあったらいいのになぁ。
近くの、温室で熱帯フルーツを作っている人にホワイトサポテを食べさせていただいたけど、美味しいんですよ~!!
そしてぜーったいに食べてみたいのがブラックサポテ。
チョコレートサポテとも呼ばれているそうな。

ブラックサポテ
★写真はリンク先よりお借りしました。画像をポチっとやるとリンクしてます。

メキシコ原産で学名はDiospyros digyna。
カキノキ科の植物で、なるほど、ヘタの部分や種の周辺など、柿によく似ている。皮は緑色で、押せばへこむほどに柔らかくなったものが食べごろ。こげ茶色の果肉は柔らかいが、熟れすぎた柿のヌルっとした感じはなく、ねっとりとクリーミーなので、英語では別名チョコレート・プディング・フルーツというのである。



なんで、日本にこーゆーのないの!?
やっぱ温帯は人間の住むところじゃないでしょー。(ヾノ・∀・`)ナイナイ





脳の回路は生まれつき愛するように設計されているのに・・・

Posted by ヨーコ on   0 comments

私たちが体を持ってこの世に生まれてくるのには理由があります。
個体というカプセルに分離して孤独感を味わって、もう一度本来の、ワンネスの心地よさを体感するため。

だから体はちゃんと愛(ワンネス)を学ぶようにできているのに、みんないつまでたっても孤独なのはどうしてだろう?
そのヒントがこの本には書かれています。

愛は化学物質だった!? 脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー愛は化学物質だった!?
脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー

スーザン・クチンスカス(箸)
為清勝彦(訳)

商品詳細を見る


子育て中のママたち、もうチエックしましたか?(*゚∀゚*)
まだの人のために、「はじめに」から少し抜粋します。

わたしたちの脳の回路が生まれつき愛するように設計されており、健康のためにも愛が求められるならば、セックスに限らず、あらゆる種類の情動的・身体的な親密さを追い求めないでいる道理がありません。それは、花が太陽に向かうのと同じぐらい、単純で自然なことではないでしょうか? もともとわたしたちの脳は愛するようにできているというのに、どうしてインターネットの出会い系サイトや、離婚の裁判が必要なのでしょうか?どうしてそれほどまでに愛を見出し、愛を維持することが困難なのでしょうか? どうしてわたしたちはこんなに孤独なのでしょうか?

その理由は、愛は自動的に発生するものではないからです。わたしたちは、オキシトシン反応を「学習」します。つまり、誕生後に母親から愛することを学ぶということです。赤ちゃんの脳は、子宮を出てから3歳までに発達を完成させますが、その発達は、母親との交流によって形成されます。一人の人間が行うには莫大な仕事ですが、驚くべきことに多くの母親は見事に成し遂げています。こうした強力な関係には、良いことばかりでなく、害悪を及ぼす力もあります。3歳までの重要な時期に、身体的親密に向かう自然なはずの反応を阻害したり、捻じ曲げたりする要因は多くあります。トラウマ、虐待、放置により、脳が恒常的な恐怖状態に閉じ込められ、脳がオキシトシンを活用する能力が損なわれることがあります。オキシトシン反応が健全に発達しない場合、愛することなく恋に落ちるかもしれません。愛を知らないまま結婚するかもしれません。そして、一度も愛することも、愛されることもなく、生涯を終えてしまうかもしれないのです。



あら、大変!(((((☉θ☉)))))
責任重大ですねぇ~。

そして、今の自分の状態や周りの環境を見渡すと、自分自身にも当てはまっちゃうことが書いてあるはずです。
幼い頃の母子関係によって3つの愛着スタイルに分かれるそうです。
あなたはどのタイプ? 第二章からも少し抜粋して紹介します。


★安定型 
     不安のない赤ちゃんは、見知らぬ人を過剰に警戒することなく、部屋の中のおもちゃを楽しそうに
     探索します。母親がいなくなると泣き出すこともありますが、母親が戻ってくると駆け寄り、簡単に
     なだめられ、母親の腕の中で満足します。母親はいつもすぐにやって来て、面倒をみてくれるので、
     母親を頼りにできることを知っています。このケースの赤ちゃんのオキシトシン反応は迅速で強力
     です。

★回避型 
     一方、母親が去っても平気でいるように見える赤ちゃんもいます。そして、見知らぬ人が部屋にい
     ても気にしません。回避型の子供は母親が戻ってきても無関心で、それだけでなく抵抗を示しま
     す。母の注目や愛情に頼っていません。というより、注目や愛情がなくてもなんとかなるとあきら
     めているのです。何時間も泣き続けているのに放置された経験があるのかもしれません。病院で長
     期間隔離されるといった環境にあったのかもしれません。母親を必要としないよう努力すること
     で、落胆や拒絶から自分自身を守ることを学習してしまったのです。このような赤ちゃんのオキシ
     トシン反応は弱いか、あるいは、自分以外の人に頼ることなく自らオキシトシンを喚起して自分を
     慰める方法を見つけているでしょう。
 
★不安型(葛藤型)
     三番目のタイプは、母親がいるときはくっついていることがありますが、母親が去ると極端に取り
     乱し、母親が戻ってくると怒りを露わにします。そのような子供は、母親が戻ってくるのか確信が
     まったくなく、戻ってきたとしても何が起きるかわからないので安心できないのです。その結果、
     混乱して惨めな態度を取ります。エインズワースはこのタイプを「愛着の不安型」と名付けました。
     敵意と怒りをもって面倒をみる母親かもしれませんし、あるときはやさしく、あるときは他のこと
     に気をとられる母親かもしれません。その結果、このタイプの赤ちゃんのオキシトシン反応は不適
     切なものになるでしょう。たとえば、人との関係に怒りや拒絶の要素がなければ、オキシトシンを
     放出しない脳になってしまいます。

■ 情動のセットポイント
愛着理論によれば、母親との関係がどの型であろうと、それが親密さの「セットポイント」(決定打)になります。成人すると、無意識にですが、人間関係を自らのパターンに確実に沿わせるように、必要なステップを踏むことになります。回避型の場合、本当に敬愛してくれる友達がいても、気味が悪いと思ってしまいます。不安型の人の場合、無条件に愛してくれる人を拒絶する一方で、絶えず繰り返し保証を求めるために、友人や恋人をうんざりさせて遠ざけてしまいます。
読者もいずれかの型に該当すると思われるでしょうし、人間関係で確証が得られないことにすでに気付いているかもしれません。しかし、このことを知っても、こうしたパターンは変化に対する抵抗が著しく強いため、どうしようもないように思えます。幼児に人間関係の機微を理解するよう期待するのは無理なことですが、物理学の方程式を解き、見事なスフレを焼くことができる成人であっても、幼児と同じぐらい人間関係には途方に暮れるものです。それは、わたしたちの脳の両半球には発達のタイムラグが存在するため、幼いときに父母から学んだ情動反応を理解することが、ほとんど不可能になっているからです。



こういうパターンが大人になってからも対人関係に作用するのですね。
この知識は子育てにももちろん重要だけど、自分自身の人生を振り返ってみるのにも役立ちそうです。
そしてこの本には解決策も書いてあります。

自分探しにぜひ役立ててください。

オキシトシン





クリップやビニタイが無くても袋の口を閉じる方法

Posted by ヨーコ on   0 comments

あら♪ これは賢い!
クリップやビニタイが無くても袋の口を閉じることができちゃうんですね~。

早速まねっこしちゃお~っと。(*゚∀゚*)








慢性マグネシウム不足、細胞単位で誤作動中!

Posted by ヨーコ on   2 comments

糖尿病とマグネシウム不足の関係が明らかに!?
東京慈恵会医科大学教授の横田邦信先生の本のご紹介。

糖尿病だけの問題じゃないので重要ですよ~!


「太っていないのに糖尿病になる人」が増加している謎を解明!

糖尿病なら すぐに「これ」を食べなさい!  (健康読み物)糖尿病なら すぐに「これ」を食べなさい! (健康読み物)
(2014/02/21)
横田 邦信

商品詳細を見る


エネルギー摂取量は減っているのに糖尿病は増えている!

 1960年代ころから欧米型の食事が家庭に入り込み食生活が変化するとともに、日本人の平均エネルギー摂取量も脂肪摂取量も上昇。時期を同じくして糖尿病患者数が増加したため「肥満が原因で起こる病気」というイメージを持たれてきました。しかし、厚労省のデータを詳しく見ると、実際には脂肪やエネルギー摂取量は1996年頃から下がっていることが判明しています。それでも、データと反比例するように糖尿病患者・予備軍は増え続けているのはなぜか。肥満や運動不足のほかに、ストレスや加齢、糖尿病の家族歴なども発症の要因とされていますが、今、「あるもの」の摂取不足も、要因として注目されています。


図1 日本人の脂肪摂取量(本誌41P)
糖尿病とマグネシウム
エネルギー摂取量は、1970年代前半を境に明らかに減少。現在の日本人平均エネ
ルギー摂取量は、成人の目安摂取量の「1800~2200キロカロリー」の範囲内である。



図2 日本人の糖尿病有病率、および糖尿病患者・予備軍の人口に占める割合(本誌35P)
糖尿病とマグネシウム
日本でほとんど見られなかった糖尿病患者が急増したのは1960年以降。この頃は、欧米の食生活が本格的
に日本の食卓に入り込み、交通手段の発達やデスクワークの増加で運動不足の人も増え、肥満を助長した。



「マグネシウム」の摂取不足と糖尿病の発症には大きな関わりが

 以前から「肥満で糖尿病の方」よりも「肥満でないのに糖尿病の方」は同じ程度か、むしろ後者の方が多いという臨床的感触をつかみ、「定説」と「現実」のギャップを感じていた横田邦信教授は、調べていくうちに「マグネシウムの摂取不足」にたどりつきます。マグネシウムの宝庫である「大麦やあわ、ひえなどの雑穀等」の摂取量が1960年代に激減。

 さらに1972年に法律で全国の塩田が廃止され、機械化された「イオン交換膜製塩法」が登場したことにより、それまで食塩10グラムにつき50ミリグラムあったマグネシウムが、3ミリグラムにまで激減してしまったのです。現在、日本人のマグネシウム摂取量は厚生労働省による推奨量をはるかに下回り、およそ3分の2しか摂取できていません。


図3 大麦や雑穀等の穀物摂取量と糖尿病推定有病率(本誌51P)

糖尿病とマグネシウム


図5 日本人のマグネシウム摂取量の推移(本誌59P)
糖尿病とマグネシウム
厚生労働省の健康局総務課生活習慣病対策室のデータによるもの。かなりの量が足りていない
のがわかる。ちなみにマグネシウムの摂取量が調査されるようになったのは最近になってから。



この標語を覚えて、マグネシウム摂取不足を解消!

マグネシウムは、人間が分泌するホルモンの中で、唯一血糖(値)を下げる働きをするインスリンの働きに大きく関わっています。本書では、糖尿病の症状を改善・予防のためにも、マグネシウムをたっぷり含んだ食材を積極的に毎日のメニューに取り入れることをすすめており、数多い食材を簡単に覚える標語を紹介しています。

「そばの孫とひ孫わ(は)優しい子かい?納得!」
(そばのまごとひまごわ(は)、やさしいこかい? なっとく!)


糖尿病とマグネシウム


ほかにも、意外と見落とせない「水」や「塩」のこと、主食や果物をはじめ、嗜好飲料・アルコール類からマグネシウムを上手に摂取する方法も掲載。どの食材もスーパーで手に入るようなものばかりで、糖尿病の有無に関わらず、マグネシウムの必要性を強く感じる一冊です。



おお~! なるほどっ。(*゚∀゚*)
糖尿病は、単純に肥満が原因というわけではなかったのですね。
マグネシウムは、細胞内で酵素活性に作用し、カルシウムの濃度を調節するのでとても重要なミネラルなのですって。

↓なんか~、生物で習ったような・・・。

vo03_pict02main.jpg



でもって、このマグネシウム不足が食の欧米化でなぜ起きるのか。
わかりやす~く教えてくれるページがありました。


最新の栄養学理論1・・・肉・牛乳・脂肪・油

カルシウムの喪失と、骨と歯の弱体化

大量に摂取され血液中にあふれたタンパク質(アミノ酸)は、最終的には尿として体外に排泄されることになりますが、その過程で消化器系全体や、肝臓・腎臓に負担をかけることになります。過剰なアミノ酸が分解されると、毒性の強い窒素残留物(アンモニア)が生成されます。それは肝臓で処理され、無毒な尿素に転換されます。そして腎臓の働きを通じて、尿として排泄されることになります。このようにタンパク質を多量に摂ると、解毒の働きをする肝臓と、排泄を担う腎臓に、大きな負担をかけることになるのです。

尿素が増えてくると、それを尿として流し出すために、体は多くの水分を必要とします。そして尿と一緒に、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル類も排泄されてしまうことになります。尿素の排泄がスムーズに行われないと有害な尿酸が生成され、関節にたまって痛風を起こすことになります。(※こうした要因以外に、痛風の発症にはストレスが大きくかかわっていると言われています。)

また大量のアミノ酸が分解されると、血液は急激に酸性に傾き、それを中和するためにカルシウムやマグネシウムが必要とされます。それらが血液中に不足していれば、骨や歯から溶かし出して補うことになります。


カルシウムの含有率と吸収率の問題

これまで牛乳は、カルシウムの“含有率”が高いから体によい食品とされてきました。しかし単に、含有率が高ければよいというわけではありません。牛乳をたくさん摂った場合には、腸からの吸収を抑えるといった形でカルシウムの吸収を調整するようになります。その結果として、カルシウムの排泄が促されることになります。

そこで問題となるのが、カルシウムだけでなく、他のミネラルや栄養素も一緒に排泄されるようになるということです。(※海外の研究では、カルシウムを多く摂ると便の中のマグネシウムの排泄量が25%も増加し、吸収も抑制されることが報告されています。)

(略)

さて、牛乳のような高カルシウム食品を摂った場合には、急激に血液中のカルシウム濃度が高まることになります。カルシウムの「吸収率がよい」ということは、このように――「飲んですぐに、血液中のカルシウム濃度が高くなる」ということです。

しかし私たちの体には、ホメオスタシス(恒常性維持機能)という働きが備わっていて、血液中のカルシウム濃度は、常に一定の割合に保たれるようになっています(※1CC中、9~11mg)。カルシウム濃度がこの割合を超えて高まると、急いで排泄しなければなりません。早急に排泄しないと、さまざまな障害が生じるようになるからです。

そこで腎臓は、カルシウムを尿から流し出すために、ピッチを上げて働くことになります。それには多くのエネルギーが必要とされ、腎臓に余分な負担がかかることになります。そして過剰なカルシウムが排泄されるのと同時に、マグネシウム・亜鉛・鉄などのミネラルや、他の栄養素も失われてしまいます。その結果、さらにミネラル不足が進むことになります。

このように牛乳に含まれるカルシウムの吸収率がよいということは、人体にとって必ずしもプラスとはなっていないのです。(※カルシウムとマグネシウムの尿からの排泄量には、相関関係があることが確かめられています。つまりカルシウムの排泄量が増せば、同じようにマグネシウムの排泄量も増すということです。)


深刻なマグネシウム欠乏を引き起こす

ミネラルの不足は健康に大きなマイナスを及ぼしますが、なかでもマグネシウムの欠乏は深刻です。マグネシウムは、ミネラル間のバランスをとるためのポイントとなる重要なミネラルです。マグネシウムの欠乏は、細胞内外のカルシウム・カリウム・ナトリウムのバランスを崩し、それらが果たしている、さまざまな生理作用を狂わせることになります。この4つのミネラルの細胞内外での比率が守られることで、酸素や栄養素の運搬・神経や筋肉の働き・ホルモンの分泌などが正常に行われるのです。(※「細胞外ミネラル」であるカルシウム・ナトリウムは細胞外液に多く存在し、「細胞内ミネラル」のマグネシウム・カリウムは細胞内液に多く存在しています。)

またマグネシウムには、酵素の働きを助ける触媒作用があります。マグネシウムが不足していると、酵素は十分に働くことができません。マグネシウムはありとあらゆる酵素の働きに関与しているため、その欠乏は全身の代謝に決定的な影響を及ぼすことになります。

血液中のマグネシウムの欠乏状態が続くと、これもホメオスタシスの働きによって、マグネシウムが骨や細胞から溶け出すようになります。骨は多くのミネラルから構成されていますが、生命維持にかかわる重要なミネラルの不足に備えて、その貯蔵庫ともなっているのです。

成人の体には、カルシウムは約1kg存在しますが、マグネシウムは25gにすぎず、その差は40倍以上です。そのうちカルシウムの99%、マグネシウムの約60%は骨にあります。つまり骨には圧倒的にカルシウムが多く存在し、マグネシウムは、その60分の1程度しかないということです。

そうしたもともと少ないマグネシウムが溶け出すと、骨の中でのマグネシウム欠乏は深刻な状態となり、骨の形成がうまくいかなくなります。マグネシウムが不足していては、いくらカルシウムがあっても骨の代謝はスムーズに行われません。骨粗しょう症や骨のトラブルを防ぐために牛乳を飲むことで、かえって骨の弱化という、逆の結果を招くことになるのです。


「カルシウム・パラドックス」――実はマグネシウム不足による現象

現代人のマグネシウム不足は、きわめて深刻な事態を迎えています。食事から摂取するマグネシウムの絶対量は少ないうえに、ストレスや激しい運動・過労・過食など、その消耗要因があふれています。そうした状況において、多量の牛乳が摂取されているのですから、体内のマグネシウム欠乏はいっそう進むことになります。

血液中のマグネシウムが不足すると、骨や細胞から補われることを述べましたが、その際には、一緒にカルシウムも溶け出します。実際にはマグネシウム不足であっても、骨にはカルシウムが大量に含まれているので、カルシウムの方が多く溶け出すことになります。(※これを「カルシウム脱灰」と言います。骨を構成するミネラルには、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・リンなどがありますが、マグネシウムの不足が引き金となって、主要な骨ミネラルの溶出が起こるのです。)

こうして骨から溶け出したカルシウムの一部が、マグネシウムが抜け出た(マグネシウム不足の状態にある)細胞内部に入り込むことになります。カルシウムは大切な栄養素ですが、細胞外ミネラルであるため、細胞の中にそれが増えると、細胞の働きが損なわれることになります。細胞内に入ったカルシウムは“毒”ともいえる存在で、細胞全体・身体全体の機能低下を引き起こすことになります。(※カルシウムの細胞内液での濃度に比べ、細胞外液での濃度は千~1万倍も高くなっています。これが細胞内外におけるカルシウムの正常な比率ですから、余分に細胞に入り込んだカルシウムは、すばやく追い出さなければなりません。)

そこで細胞内に増加したカルシウムを、細胞外に汲み出すことが必要になりますが、その働きを担っているのが、細胞膜にあるポンプなのです。しかし、このポンプはマグネシウムがないと働くことができないようになっています。マグネシウムが不足していると、ポンプの働きが低下し、カルシウムを汲み出すことができなくなります。

細胞に沈着したカルシウムは、細胞や組織を硬くし(石灰化)、動脈硬化を招き、心臓・血管系の病気を引き起こすことになります。また腎臓結石・胆石など、結石症の原因ともなります。さらに関節に溜まれば関節炎、免疫細胞に入り込めばアレルギーなどをひどくし、ガンや多くの現代病の誘因ともなります。

ここまで「マグネシウム」に注目して、その欠乏が引き起こす、さまざまな問題点を見てきました。この流れを「カルシウム」の観点から見ると、―「骨のカルシウムは減少する一方で、細胞の中には溶け出したカルシウムが溜まる」という奇妙な現象が生じることになります。不足と過剰という相反する状態が同時に存在することになるのです。これが「カルシウム・パラドックス」です。

カルシウムの観点だけから眺めると、矛盾して見えるこの現象も、マグネシウムの観点から見れば、すべて矛盾なく説明されることです。マグネシウムの欠乏こそが、「カルシウム・パラドックス」の根本的な原因なのです。

現代人は、マグネシウムを多く含む緑色野菜や海藻、豆類や種子類などを摂らなくなっています。また穀類からも、精製によってマグネシウムが減少しています。それに加えてマグネシウムは、ストレスや過労などによって著しく失われやすいミネラルです。

こうした深刻なマグネシウム欠乏の状態では、カルシウムは十分摂っているはずなのに、骨の中のカルシウムは減少し、細胞にはカルシウムが詰まるという異常な事態が発生することになってしまいます。これが一般的に言われる、「カルシウム・パラドックス」の実態なのです。



リンク先には更に詳しく、そして脂肪酸のことも書いてありますから頑張って読んでみてくださいネ。

でも、でもですよ。
グラハム博士の80/10/10理論からすると、まだまだ甘~いんですねぇ。これが。

ま、動物性食材は、どうやら人間の食べ物ではないらしいということがなんとなくわかるでしょうか?(*゚∀゚*)
脂肪酸もね、精製した油を食べてるのは人間だけでしょ。冷静に考えたら不自然極まりないとわかることなんですよね。

あなたの細胞、誤作動中かも???((((( ⁰⊖⁰))))))))





Category :

春ですね~♪

Posted by ヨーコ on   0 comments

今日は桃の節句ということになってますが、桃はまだまだ咲きませんね~。
旧暦だと今年は4月2日が本来の3月3日なのです。
やっぱりひな祭りはその頃やったほうがしっくり来ますよね。

でも、おるごんの森も春めいて来ましたよ。
私の大好きなミモザアカシアの蕾もだいぶ大きくなって来ました。


ミモザアカシアの蕾


花ことばは、秘密の愛、真実の愛、優雅、友情、秘めた恋。
このお花、イタリアでは3月8日を「女性の日」または「ミモザの日」として、男性が女性にミモザの花を贈るのだとか。
早く咲かないかな~。


大房はまだ花


梅の花はもう開ききって散りかけていますが、大房枇杷はまだ咲いています。
メジロさま御一行のレストランになっています。
今年は遅いな~。


枇杷の赤ちゃん


こちらは田中枇杷。いい感じで育っています。
ホワホワ産毛が生えていて、なんかカワイイ~♪
美味しく育ちますように。


DSC00138.jpg


日当たりのいいところはつくしが顔を出していました♪
ふきのとうもいっぱい。

急に小鳥たちがさえずり出して森はとっても賑やかになりました。
こんなに小鳥がいたんだ~!とビックリするくらい。(・θ・)

そしてまた、トンビのラブラブ行為が盛んにみられるようになってきました。
トンビのメスは交尾中にピィ~ピィ~と雛のような鳴き声を上げるんですよ!
知ってた?(*゚∀゚*)
またあの巣に雛ちゃんが生まれるかな~? 楽しみ♪





Category :

できる人とできない人との違い

Posted by ヨーコ on   0 comments

昨日も取り上げたスタンフォード大学の心理学者、ケリー・マクゴニガルさんの動画、もう一つご紹介。

『スタンフォードの自分を変える教室』という本、ベストセラー本だったんですね~。
自己啓発とかをする必要がないので全く知りませんでした。( ゚,_・・゚)ブブブッ

「自分を変えたい・・・けど挫折しやすい」といえば、特にダイエットですかね~?
ダーリンも私も35kg以上もの減量をしてリバウンドなしなので、ダイエットは簡単なのです。
だから、それ以外の自己コントロールも簡単。

この手の本が超売れるってこと自体が( ゚,_・・゚)ブブブッなんですけど。
つまり、ソコが家畜化のポイントだったりもしますよ~。
気をつけてくださいネ。

でも、ケリー・マクゴニガルさんの動画、とっても面白いのでオススメです。
9分ちょっとなのでぜひ。あなたも変われるきっかけになるかもしれませんよ。



ついでに本も読んでみようかと思っています。
↓amazonで立ち読みできるのでポチッとやって覗いてみてくださいネ。


スタンフォードの自分を変える教室スタンフォードの自分を変える教室
(2012/10/20)
ケリー・マクゴニガル

商品詳細を見る


 最新の心理学や脳科学などの成果をもとに、どうすれば続けられるか、どうすればやめら­れるかを考える。「へえ、なるほど」と納得する話や、驚く話が満載だ。
 たとえば、人は何かほかのことに気を取られていると、意志をコントロールできなくなる­。ストレスも意志力を弱める。仕事や人間関係でくたびれているときに、テレビを見なが­ら食事をしたり酒を飲むのは最悪だろう。
 サラダを見るとジャンクフードを食べてしまう、という話が出てくる。ニューヨーク市立­大の研究だ。健康によさそうなものがメニューにあると、それを見ただけで達成感を得て­、本能が求める高カロリー食に手が出てしまう、ということらしい。人は「よいことをす­ると悪いことをしたくなる」のだと著者はいう。まだやってもいないことをやった気にな­り、自分へのご褒美だけはちゃっかり現実に、というメカニズムだ。
 ぼくたちは自分が思っているほど理性的でもなければ賢くもないらしい。人類がヒトにな­る前の、常に飢えていた時代の記憶が、脳の中で眠っている。それが疲れたときや、強い­ストレスにさらされたときなどに目覚める。



上の動画の概要から引用です。

この手の本は山のようにあります。売れるんですねぇ。
ベストセラーになるのはどうしてかというと、自分の意志で自分を変えられない人がたくさんいるから。
変えられないのはなぜか?
それは変わらない方を望んでいるから。


広大な芸能界

すべては自分で選んでいるということ、
したがって全責任は自分にあるということを前に書きました。
これを別の言い方で言うと、
みんな好きこのんでやっているということなんです。



ですねー!

「こうだったらいいなぁ」と思うのと「こうなる」と思うのは全く別物ですからね。
ダーリンなどは、「こうする」と決めたら、できる裏付けを徹底的にやります。
そして今できることを先延ばしにはしません。

そこができる人とできない人との違い。





ストレスと友達になる方法

Posted by ヨーコ on   0 comments

ストレスの多いライフスタイルを送っていませんか?
私もずーっとストレスにどっぷり浸かった生活をしていましたが、今は伸び伸び、ストレスフリーな生活をしています。
伸び過ぎてダラダラになっていたりして~。( ゚,_・・゚)ブブブッ

そんな私もストレスは体に悪かろうと、ずずずーっと思っていましたとも。┐(´∀`)┌ハイハイ

しかし、実は、ストレスが体に悪いと思うことが悪かったのだとか!
ストレスは体にイイと信じ込んでいたら逆に元気ピンピンになれちゃうのかも!?

えぇぇっ!?(((☉θ☉))) 

しかもこんなところにも「オキシトシン」が絡んでいたとは。

米国スタンフォード大学の心理学者 ケリー・マクゴニガルさんの講演が面白かったのでご紹介。



★再生ボタンを押したら、画面右下の白い四角いマークをポチっとやると日本語字幕が選択可能です。


TED ケリー・マクゴニガル: ストレスと友達になる方法

この推定が正しければ昨年アメリカでは、ストレスが体に悪いと信じる事が死因の第15位だったことになり、それは皮膚がんやHIV/AIDSや、殺人よりも多くの人の命を奪っていることになります。(笑)

(略)

でも私が一番驚いた事はストレスに対する身体的反応の仕方が変わった事です。普通 ストレス反応では心拍数が増えて、血管はこのように収縮します。これが、慢性のストレスが心臓病と関連づけられる理由の1つです。常にこんな状態でいるのは本当に健康に良くありません。
しかし研究では、参加者がストレス反応を有用なものと考えられるようになると、血管はこのようにリラックスしたままだったのです。心臓は高鳴ってましたが心血管がこの状態ならずっと健康的な状態です。この状態は実は喜びや勇気を感じる時の状態にかなり似ています。
ストレスの多い人生でこの生物学的な変化1つが50歳でストレス性の心臓発作を起こすか、90代でも健康でいるという違いを生むかもしれません。
これはストレスへの考え方次第で健康が左右されるという、ストレスに関する新しい科学的発見です。そして健康心理学者としての私のゴールが変わりました。

(略)

ストレスはあなたを社交的にします。ストレスのこの面を理解するのにはオキシトシンというホルモンについて話さなければなりません。
オキシトシン程注目を浴びたホルモンはありませんね。人を抱擁する時に分泌されるので「抱擁ホルモン」という可愛いニックネームまで付けられています。これはオキシトシンが関与しているほんの一部にすぎません。
オキシトシンは神経ホルモンで、脳の社会的本能を絶妙に調整しています。
オキシトシンはほかの人々との親密な関係を強めるような行動を促します。
オキシトシンは友達や家族との身体的な接触を強く望むようにさせたり、人との共感を高め、さらには私たちが大切に思う人たちを進んで助けたり支えたいと思わせたりもします。
中にはもっと強く同情心や思いやりを持つようにオキシトシンを吸引すべきだと言う人もいます。
でもこのホルモンについてあまり知られてない事があります。
それはストレスホルモンだという事です。ストレス反応の一環として下垂体はこのホルモンを分泌します。
これはアドレナリンが心臓を高鳴らせるのと正に同じ様にストレス反応の一環です。
ストレス反応としてオキシトシンが分泌されると、誰かに支えてもらいたいと思わせるのです。ストレスから生じる生物学的反応は、感じている事を中に閉じ込めてないで誰かに話せと促しているのです。ストレス反応は、誰かが助けが必要な時に、あなたが気づけるようにしてお互い助け合う様にしているのです。人生で困難な時にはストレス反応によって愛する人たちと一緒にいたいと思わせるのです。
ではストレスのこの面を知ると、どうしてより健康的になれるのでしょうか?
実は、オキシトシンは脳だけに働くのでなく、体の他の部分にも働きかけます。その主な役割の1つは心血管系をストレスの悪影響から守る事です。自然の抗炎症薬です。
ストレスを感じても血管を弛緩状態に保ちます。特に歓迎すべきと考える体への好影響は心臓に起ります。
このホルモンの受容体が心臓にあり、オキシトシンが心臓の細胞を再生しストレスで起きるダメージを治します。このストレスホルモンは心臓を強くするのです。

すごい事に オキシトシンがもたらす体への利点はその全てが社会的繋がりやサポートで強められるのです。
ストレス下の人に手を差し伸べ助けたり助けられたりすると、このホルモンがもっと分泌されストレス反応は健康なものなり、実はストレスからもっと早く回復するのです。
ストレス反応にはストレスからの回復の為の機能が内蔵されていて、その機能が人との繋がりだなんて素晴らしいことだと思います。



オキシトシンを味方に付けると良いこといっぱいありそうですね~(*゚∀゚*)

そんなわけで、愛を学ぼう♪

    


愛は化学物質だった!? 脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー愛は化学物質だった!?
脳の回路にオキシトシンを放出すればすべてはハッピー

スーザン・クチンスカス(箸)
為清勝彦(訳)

商品詳細を見る





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。