そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





巨大仮想空間クリスマスを愉しんでる?

Posted by ヨーコ on   4 comments

巷の皆さん、今日はクリスマスですか!?

ダーリンと私は結界から離脱したのでクリスマスはありません。( ̄ー ̄)
お正月もね。

まぁ、楽しいイベントというレベルのうちはいいんですけど、ここまで来るとキチガイ沙汰ですよねぇ。
太陽から見たら地球が勝手に周りをくるくる回っているだけで、昨日も今日もないのです。
すべての行事は誰かの妄想で勝手に作られたものなのに、私が従う必要もなく・・・。

でもそれに振り回されてる世間一般がオモシロイので便乗ネタで参加してみようと思います。

1人きりでイブ過ごす「クリぼっち」64・5%
「聖夜」はパートナーと過ごすからこそ、財布のヒモも緩みがちだ。しかし、肝心の相手がいなければ消費活動にもつながらない。

 レストラン予約サイトが20~30歳代の男女約1800人を対象にした「クリスマスディナー」に関する調査では、男性70%、女性58%が「付き合っている人がいない」と回答。男女平均で、64・5%がイブに恋人がいないとみられるという。

 若者の間では、イブを1人きりで過ごすことを、一人ぼっちにかけて「クリぼっち」と呼ぶのが定着している。予約サイトの市場調査担当者は「若者はパートナーがいなければ、クリスマスでもお金はかけないのでは」と予測する。しかし、若者にとっても豪華なクリスマスは憧れのはずだとして、担当者は「まずは『クリぼっち』の状態から脱却しなければというのが本音だろう」と分析している。

(2013年12月24日15時45分 読売新聞)



ちなみに今日はクリスマスなので(ホント???( ゚,_・・゚)ブブブッ)、近所の野菜直売所で焼き芋を買って、海辺に車を止めて二人で食べました~!
だって、すんごく大きい紅はるかなのに1本150円なんですもの~!

ま、お芋の話はともかく。

さすがイルミナティー。絶賛人口削減中♪
なんとイマドキは恋愛なんてめんどーくさいという若者が増殖中のようです。

男性41%が「恋愛めんどくさい」 -「コストに見合わない」「女はわがまま」
女性編アンケートでも多かった意見だが、相手に合わせなければいけないのが面倒、という声も多かった。男性も女性もそれぞれの立場で異性のことを面倒と思っているよう。男性の場合、恋愛も「結局は人付き合い」だから煩わしく、コミュニケーションそれ自体が面倒と考えている人が多かった。つきつめていって「人間相手は面倒」という人まで。恋愛によって、1人の時間も割かれ、自由も奪われ、相手に行動を束縛されるのは、自由を愛する男性にとってはつらいことのようだ。

女性はとにかく面倒、というハッキリした意見も目立った。「相手の気持ちが見えないとき困る」「従順に従ってくれるようなおしとやかな人ばかりだと良い」「長く付き合うと女性の性格があらわになって面倒」という声も。確かに、女性は扱いが難しい生き物で、男性には理解不能なことも多いはず。相手の感情や気まぐれに振り回されて、大変な経験をした男性も多いのかもしれない。それを押してでも付き合って得があるような女性でなければ、「コストに見合わない」と思われても仕方ない?!


これってやっぱりワクチンや食べ物や、いろんな化学物質、そして教育、テレビやゲームなどなどなど、いろんな作戦の相乗効果ですね。
アジア、特に日本は戦後すぐから人口削減のモデルケースなのだそうで、ちょっとネット検索するといっぱいヒットしますよ。

まぁ、戦争なんかやるよりはずーっとソフトで平和的ですよ。
だって自分で選んでくれるんだもん。淘汰される道を。

さて、子育て中のママさん、お子さんをゲームやビデオなど、あんまりバーチャルな世界に没頭させちゃうと自然淘汰組になっちゃいますよ。
お菓子なんかも市販のものは化学物質や遺伝子組み換えたっぷりなので気をつけてネ。





スポンサーサイト

スゴイ妙技!

Posted by ヨーコ on   0 comments

これはスゴイ!!

ちょっと息抜きに・・・ってもしかしたら息が止まっちゃうかも?
最後の瞬間その凄さがわかります。最後まで見てネ。






ホットパフェ?

Posted by ヨーコ on   2 comments

80/10/10 Dietを実践しているクリスティーナさんがまたまた美味しそうなアップルパイのレシピ動画を投稿していました!
これは甘くてサイコーに満足しそう♪




作ってみたくなります~~~!

しかし、それにしてもこのデーツの量ったら半端ないですよね。
糖質制限ダイエットをしている人が見たら卒倒しちゃいそう。(*゚∀゚*)

80/10/10のグラハム博士によると、体に負担がかからない単糖でカロリーの80%を摂るのが人間本来の食事。
クリスティーナさんは甘~いフルーツをガッツリ食べていてもこのスタイルです。

そんなわけで、ダーリンと私もデーツをベースにいろんなフルーツを食べています。
昨日のブランチはコレ↓


赤桃のパフェ


赤桃でお花を作ってデコレーションしてみました。
赤いソースはラズベリー。
デーツとアサイーのペーストと、グアバ、グラヴィオーラ、パイナップルのピューレなどが入っています。


赤桃のパフェ


しかも寒いから40°に温めてあります。ホットパフェ???
これがまた美味しいんですよ~!

デーツとアサイーとバニラを混ぜたペーストは温めるとこしあんのぜんざいのような感じ。
あ、ダーリンはチョコレートフォンデュのあのとろとろチョコレートみたいだと言います。
私はお餅を入れてみたくなっちゃいます。
お餅みたいなグニグニした食感のフルーツってないんだろうか?

実はこのカップ、小さめの丼ぶりくらいの大きさなんです。
この量を食べるとかなり満足します。

ダーリンも私も元はドカ食い体質なのでいっぱい食べたいんです。
でも1日1食か2食、食事と食事の間がすごく長く空いても大丈夫。
断食も数日だったら簡単にできちゃいますが。
でも食べるときは満足するまで食べたい。
一度に、スパゲティーや蕎麦、うどんだったら二人で500gは食べれちゃうし、ご飯なら3合炊きます。
穀物だとお腹ぽんぽん、もう食べれませ~んってくらい食べたくなっちゃうけど、甘いフルーツならお腹ぽんぽんじゃなくても大満足。
不思議ですねぇ。

グラハム博士の言うとおり、フルーツは消化吸収が早く、必要な栄養素が速やかに摂取できるからでしょうか。





それってホント???

Posted by ヨーコ on   0 comments

ネットでこんな話がたくさん書かれていますがそれってホント?




いや~、カッコイイですよね。鷹。
でもこれ、フィクションなんですよね。
確かに大型の猛禽類は50年以上生きるものもいるそうです。
オウムなどは長寿で、120年も生きたものがいるそうですよ!
でも40年も待たなくても毎年換羽期に羽は生え変わりますし、自然の中で生きていれば爪やくちばしが伸びすぎることはありません。
くちばしの先端は爪と同じケラチン質なので伸びてくるけれど、くちばし本体は骨なので折れちゃったら大変ですよ。
また生えてきたりしませんから餌が食べられなくなってしまいます。
それに神経や血管がたくさんあるのだから人間が腕をちぎるようなものです。

鳥好きとしては、こういう誤解を招くような構成のしかたはちょっとヤダなぁ。
しかも信じちゃってる人もたくさんいるみたいだし・・・。

こういう誤解を招くような表現をする人がいたり、それを検証せずに鵜呑みにして拡散するような人がいるから「インボーロン」なんて言われて馬鹿にされちゃうんですよ。
陰謀でもなんでもなくって、大っぴらに大々的にやっていてもね。

まず、面白そうな情報を見つけても飛びつかずに賛否両方を確かめて、自分の頭で考えましょう。



鷹匠


さて、口直しにステキなお嬢さん、高校生の鷹匠、石橋美里さんのお話。

鷹匠は女子高生 心はタカと空を舞う
 小学5年生のとき、父の知り合いから専門書をもらった。欧州の鷹匠が書いた英語の本だ。訳してもらい、夢中で読んだ。「鳥を愛しなさい」。終わりの方にあった短い一文がとても気になったが、いまひとつ意味は分からなかった。        

 そんななか、タカのヒナを飼い始めた。「桃太郎」と名付けた。飛ばせるようになって、はっと気付いた。「愛する」って、甘やかすことじゃない。「命に責任を持ちなさい」ってことだ。





falconwing ← こちらは美里さんの動画チャンネル。日々の訓練の様子がたくさん見れます。

動物と触れ合うのは楽しいけれど、本当はお互い接触せずに眺めているだけの方がいいんじゃないかと思うんですけどね。





Category :

相変わらず年末から新年に向けて生贄大会でしょ。

Posted by ヨーコ on   0 comments

毎日集中して枇杷の摘花をしてたらあっという間に1週間もブログ放置していました~!
もう12月11日なんですねぇ。
街の中は相変わらずクリスマスムードが盛り上がってきたところでしょうか?

ダーリンと私は、夕方5時過ぎたら閉まっちゃうお店がたくさんあるような昭和前半の雰囲気に出会える田舎に住んでいる上に街に出ることなんてほとんどないので、今はそういう仮想空間に縛られることなく自由に暮らしています。

屠殺が倍増する年末。
人間の楽しい行事仮想空間を盛り上げるために生贄になる家畜たち。

私は動物愛護でヴィーガンになっているわけじゃなし、人口削減大賛成派なのでどーでもイイっちゃイイんですけど、自分たちで地獄を作り出して苦しんでる人間ってどうなんだろう・・・?
( ゚,_・・゚)ブブブッ な~んておもしろがりながら、陰ながら応援してるっていう手もあるんですけどね、ついつい親切にも脱出できそうな人には救いの手を差し伸べたくなっちゃう時もあるわけですよ。

まぁ、こんな情報で、気づいた人は脱出していただけたら嬉しいです。




【新唐人2012年12月20日付ニュース】中国の多くの養鶏場では、ひよこは生まれ­てから45日で3kgの食用鶏に成長し、出荷されます。秘訣はニワトリに各種の薬を与­えることだそうです。

鶏舎のニワトリは24時間明るい照明に晒されます。山東省の一部養鶏場では、業者と契­約を結んで成長周期の比較的短いニワトリが飼育されます。

ニワトリはひよこの時から、毎日水に溶かした十種類の異なる薬剤を与えられます。アモ­キシシリン(Amoxicillin)、クロラムフェニコール(Chloramphe­nicol)などの抗生物質のほか、リバビリン(Ribavirin)など、すでに使­用が禁止されている抗ウ
イルス薬が投与されます。

ニワトリが生まれて35日目になると、使用禁止の成長ホルモンが与えられます。デキサ­メタゾン(dexamethasone)を与えると、ニワトリの体重を1日100g増­やす事ができます。

山東省高密小遅家庄養鶏場オーナー 張氏
「鶏の心臓は親指の大きさで、心臓が耐えられなくなります」

張さんによると、デキサメタゾン(dexamethasone)を与えれたニワトリは­四六時中えさを食べるので、体重の増加が速くなる一方、ニワトリの健康を著しく害し、­死亡しやすくなるそうです。

中国メディアの報道によると、抗生物質で成長したニワトリは、食肉処理後直接ファース­トフード店に運ばれ、消費者に販売されます。

中国国内では近年、10歳未満の女の子が胸が膨らんだり、年配の女性が若い女性がかか­りやすい子宮筋腫にかかるなどの現象が度々報じられています。

新唐人テレビがお伝えしました。



国産でも家禽の育て方はそんなに変わらないですけどね。
中国からもたくさん輸入してるでしょうね・・・と思って調べてみました。
鶏肉の輸入の9割はブラジル産だけど、加工肉は中国産が多いんですね。
鶏肉調製品というのは、煮る、蒸す、焼く、油で揚げる、炒める、その他加熱等による調理をしたもの。
衣・パン粉等で覆ったもの、トリュフ等他のものを添えたもの、調味したもの、肉と野菜を交互に串に刺したもの等のことだそうです。

日本の外食・流通ではブラジル鶏が人気 その理由は
 AERAは鳥インフルエンザで注目を集めた輸入鶏肉(以降、調製品含む)に絞って、外食・流通業者に安全性確保の取り組みについてアンケートし、37社から回答を得た。「国産鶏しか使用していないし、社内で輸入鶏肉を扱う選択肢が上がったこともない。我々は『なんておいしいんだ』と驚くお客さんの顔が見たいんです」(鳥貴族)という社もあるが、全体の9割以上の35社が輸入鶏肉をメニューに使っていた。

 主な輸入国は、35社中28社がブラジル、8社がタイ。中国をあげたのは日本マクドナルドや「モスバーガー」のモスフードサービス、ローソンといったファストフード系の業者など4社だった。


平成23年度の鶏肉調製品輸入量は過去最高
財務省「貿易統計」によると、平成24年3月の鶏肉調製品の輸入量は3万2千トン(前年同月比5.5%増)と8カ月連続で前年同月を上回った。平成23年度合計では43万2千トン(前年度比11.5%増)とかなり大きく増加し、過去最高の輸入量となった。国内における外食・中食において安価な鶏肉調製品への需要は依然として旺盛であり、中国・タイを中心に輸入量が増加している。特に中国産は、平成23年度合計で22万2千トン(同18.7%増)と大幅に増加した。


ルクマ&デーツ



私がヴィーガンになったきっかけは、ある日スーパーの食肉売り場で、そのたくさんの肉はどこからやってくるのか疑問に思ったことから。
調べれば調べるほど食に対する疑問が湧いてくる。
そして、究極的には、人間は肉を食べるべき体の構造ではなかった。

食べるべきでないものを、無理して異常な育て方までして、わざわざ遠くから輸入してまで食べて、病気を作っている。
病気になるんじゃなくて、自分たちで病気を作っているんだからおめでたい。
現在もそうだけど、今後もっと伸びる産業は医療とエセ健康食関連企業でしょうね。

さて、異常さに気づいた人から脱出!





Category :

名前つけちゃった

Posted by ヨーコ on   4 comments

森に行くたびに必ず現れるようになった野良にゃんこに、とうとう名前を付けてしまったダーリン!

富


だって、この状態なんですもの。
座るとすぐに膝に乗ってきて、甘えてくるのです。

今せっせと枇杷の摘花をしているんだけど、私たちが脚立から降りるともう大変!
足元にまとわりついて来ます。
昨日は高い梯子の上のダーリンに近づきたくて枇杷の木にちょっと登って来ました。

ブサイクだけど、なかなかカワイイ甘えん坊さんなんです。


IMG_4102a.jpg


パッチリ目を開けてもこんな感じ。
なかなか渋みの効いた顔でしょ?( *`ω´)


富


いつもちょっと目を細めているから更に可愛くない・・・。
カワイイ名前はフィットしない感じだよね~。
そこで、ダーリンが思いついた名前は・・・


富


富(とみ)

平仮名じゃなくて漢字でお願いします。
大好きなお魚がいっぱい食べられるように、そして地名も被せてあります。
痩せっぽちで臆病なにゃんこだからピカピカな名前ネ。

さて、このにゃんこから学べることがたくさんあります。
にゃんこから学ぶインボーロン。
ぼちぼち書いていきたいと思います。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。