そらとことりと森のうた

森で暮らそう。全ての束縛から解放されて。今だけを生きよう。

About me

本当の自由、本当の心地よさとは何か。それを追求したら、一番大切なものは食と性にありました。そこに気付くと、みんなが思い悩んで患っていることなど、まるでお伽話のよう。
もっと自由になろう。
もっと心地よく生きよう。

スポンサーサイト

Posted by ヨーコ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





つい応援したくなる秘密

Posted by ヨーコ on   2 comments

あのにゃんこ、なんだか気になって、ついつい今日も近所の魚屋で釣れたての活きのいい小アジを買って森へ行きました。
今日はなかなか現れなくて、もしかして車にはねられたんじゃないかとか、いろいろと心配しちゃいましたよ~。(; ̄ェ ̄)


にゃお膝に乗る


小アジを3匹食べて落ち着いたにゃんこ。
呼んでもないのに勝手にダーリンの膝の上へ・・・。

しっかし、可愛くないのよね~。顔が。
怖いでしょぉ~!?
だけどこれでもゴロニャン状態なんです。( *`ω´)


にゃお膝に乗る


私が座ると、今度は私の膝の上に登ってきました。
充電切れで写真が撮れなかったけど、この後ちゃっかり横になって、完全にくつろぎ体制へ。
喉元を撫でて~って擦り付けてくるのでなでなでしているとご満悦の様子。

あのぅ~、これじゃあなんにも出来ないんですけど・・・。

でも怖くて下ろせませんよ。
ヘタに触ったら絶対に引っ掻かれちゃう~。

と思っていたらてれぱすぃで伝わっちゃったのか、いきなりシャーッ!!と怒ってガブッと指を噛まれてしまいました。
「ひぇ~!なにすんのよ!?」と抗議したら、顔に向かって爪が飛んできました。
危ないよ~、ホント。(@_@;)

ちゃんと↓気持ちいいとこだけ触ってたのにぃ。

BRisFfzCIAEsGnd.jpg


しかし、なぜこんなに可愛くないネコなのに気になってしまうのか?
これには仕掛けがありました。

もしも見てくれが美しくて顔も性格も愛らしかったら、たぶん私たちはこんなに気にならないのですよね。
だって、どこかで誰かに可愛がってもらえるって思うから。
痩せて汚くてブサイクだし、可愛げがないからこそ心配になって、助けてあげたくなるのですね。

明日も魚屋に行っちゃう???





スポンサーサイト

森のお客にゃん(=‘x‘=)

Posted by ヨーコ on   6 comments

先日切り倒した杉でダーリンがせっせと制作活動をしています。
なんと、チェーンソーだけで・・・


杉のテーブル


杉のテーブルができました!

土台の木はのみで皮を剥いだんだけど、なんと手元が狂って膝をバックリ切ってしまったダーリン。
下ろしたての切れ味バツグンののみで・・・。
しかもキレイに3センチ、スパッと切れたのに絆創膏すら貼らずに治してしまいました。
ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
普通なら何針か縫ってますよぉ~、これ。

怪我は消毒しない、絆創膏は貼らないのがキレイに早く治す方法だって知ってた?

ここのところ、太陽活動の影響なのかあり得ない事故が多発しているので皆さんも注意してくださいネ。
もう杉皮はそのままでいいんじゃないの?どうせ外で使うんだし。
そんなわけで、完成で~っす。

今、おるごんの森は枇杷の花でとーっても甘いいい香りが漂っています。
そろそろ摘花しないといけない。


びわの花酵母


一足先にちょっと摘んで枇杷の花の酵母を起こしています。
またパン焼きしちゃおぅ~!

で、摘花しないといけないっていうのに、にゃんとお客にゃんが毎回訪れるようになってしまいました。


にゃお


だいぶ前から時々遭遇していたんだけど、最初は一目散に逃げたり、声を掛けても知らんぷりして通り過ぎたり、にゃんとも無愛想なのらちゃんなのでした。
そしてたま~にお魚をお土産に持って行って、じわじわお近づきになったんです。

最近は私たちが森に着くと必ず現れるようになり、自分から声を掛けて来るようになりました。
そして一昨日はとうとうダーリンの膝に乗っていましたよ!

でも、この猫ちゃんは酷い愛着障害を抱えているようで(のらなんだからそりゃそーだ!)自分から擦り寄って体を触って~って催促するくせに、突然シャーッ!!と威嚇したり引っ掻いたり。
仲良くしたいのかそうじゃないのか、どっちなんだ~!?(; ̄ェ ̄)

きっと人に優しくされたことなんてないんだろうな・・・。
あんまり可愛くないし、目が怖いし、この幸薄そうな顔だもの。
体も小さいからいじめられちゃうのか、よく見ると顔が傷だらけです。

な~んて情が湧くと大変だから、名前つけるのはやめといたほうがいいんじゃないの?
と言っているそばから「猫用の器持って来てあげようか」とダーリンが・・・。(ッ_ _)ッガクッ
「にゃお♪」なんて声かけてるし~。





レモンデーツクリーム

Posted by ヨーコ on   2 comments

最近のお気に入りはレモン!
地元産のレモンが安くなってきたので、フレッシュデーツと合わせてみたら美味しい~~~!


DSC00404a.jpg


お皿の真ん中、ベージュっぽい色のペースト状のものがそれです。
フレッシュデーツは甘味が強いので酸味のあるフルーツと混ぜるとサイコー♪

フレッシュデーツを潰してバニラビーンズとレモン果汁とレモンの皮のすりおろしを混ぜます。
フルーツと一緒に器に盛ったら上からもレモン果汁を回しかけて、皮のすりおろしをトッピング。
リンゴにレモンデーツクリームをつけて食べると甘酸っぱくて美味しいですよ~!


DSC00401a.jpg


手前の赤いジャムのようなものはイチジクです。
ジャム用の小さいイチジクが安かったので、皮を剥いて潰しました。
潰してグチャグチャ~っと混ぜただけ。
でもこれが、トロ~っと甘くて、イチジクの香りも濃くて、ジャムなんかよりずーっと美味しい!
もしかしてパンにぬってもジャムより美味しいだろうなぁ・・・。

この頃、朝は目が覚めると喉が渇いて甘いものが食べたくなります。
フルーツがないと欠乏感。
お日様を浴びながら食べるフルーツは最高のごちそうです。
熱帯フルーツをいーっぱい作れたらいいのになぁ・・・。





やっぱり地獄を作っているのは人間だね

Posted by ヨーコ on   2 comments

おるごんの森に通う途中、道路沿いに肉牛の飼育場があります。
狭い囲いの中に30頭ほどがいて、土地の両端には屋根付きの餌場があります。
1頭ずつ仕切られて鎖でつながれた乳牛よりは自由ではあるけれど、地面が凄い!
牛の糞尿は大量ですよね。
いつどのくらいの頻度で入れ替えているのかはわかりませんが、牛が泥んこに足の付け根まで埋もれているんですよ~。(@_@;)

あの状態で育った牛を食べる???

・・・私には理解不能です。

もっと健康な肉を食べたい
小暮一雄獣医師が明かす恐るべき日本の肉事情

屠殺場で病気豚を見つける検査官は獣医師などの資格を持つもので、検査は一体ずつ固体検査が行われ、注射跡があるものは抗生物質検査をします。また特定の伝染病などにかかっているものは全廃棄のほか7割弱部分廃棄のものが出る。それらの総数が約7割以上。部分廃棄される患部以外の肉は市場へ出ます。(DATA1参照)


DATA1 病気の豚が、なぜこんなに多いのか?
屠殺場で全部捨てられる豚と、患部の一部だけ捨てられる病気豚の数は、なんと7割にものぼる!
こんなに病気豚が多いのは過密飼いの悪条件からか。薬もいっぱい使われているはずだ...。
(平成2年「家畜衛生統計」より抜粋)

屠場で廃棄される病気豚

屠殺で廃棄される病気豚

 全廃棄されるのは、肺炎、肺結核、豚赤痢、敗血症、脳炎、鼻そ、脳毒症、豚パラチフス、豚コレラ、尿毒症、伝染性胃腸炎、オーエスキー病などが感染症ですが、部分廃棄はその法規程8条によると、化膿性又はえそ性皮膚炎のある部分、外傷の部分、腱又は臓器の炎症のあるもの、著しい畸形の部分、炎性により汚染した部分、腫痕の部分-(略)臓器の萎縮した部分、結核にかかりその病的変状が臓器およびリンパ節に局限しているときなど、なっています。


DATA2 動物用のクスリは獣医でなくても勝手に使える
獣医用の薬は、薬事法で獣医の処方箋のもとで購入、使わなければならないが、現状では、
抗生物質その他の薬品メーカーから、はんこ1つで養豚家に売られ、乱用されている。

動物用医薬品(医薬部外品)販売高
動物用のクスリは獣医でなくても勝手に使える

 獣医師の処方箋とはかたちだけで、薬品メーカーのところには獣医師のはんこが用意されていたり、診察もしないで獣医師から指示書が発行されるケースなどが、かなりある。その実態“動物用医薬品等に関する行政監察局の調査報告書”に、非常に具体的に出ています。養豚農家にはどこも注射器があって、自分で勝手に抗生物質など打ってまして、1tも抗生物質を購入した畜産家のケースも知ってます。

 抗生物質は確かに最初よく効いて、細菌を殺すんですが、やがて菌の中に抗生物質に抵抗力を持つ耐性菌が出てきて、効かなくなります。1985年にロサンゼルスでハンバーグによる中毒事件がおきてますが、これは抗生物質による耐性のサルモネラ菌がはびこって発生したものです。またアメリカではペットフードを食べた幼女が死亡したケースがあります。(1989年、アメリカの心臓病学界誌vol63による)
ペットフードには病死肉が使われていることが多い。この事件は、1g中3マイクログラムの抗生物質が残留していて、この子はペニシリンショックの過敏性心筋炎を起こしてしまったのです。

ピルのようなホルモン剤で雄牛を女性化し肥育させる
 動物はだいたいオスメス1対1の割合で生まれますが、雄牛は筋肉が硬く、睾丸からのにおいもついて肉牛に向きません。それで肉牛にするために去勢する。これは畜産では常識になっています。さらに女性ホルモンを耳に埋め込むと、お尻もまるくなり脂肪がついて体重がグンと増えるんですね。去勢しただけで1日の体重増加率が1100gから1300gになり、ホルモン剤で1500gにもなる計算です。

 牛に使われるホルモン剤のグラム数200mgというのはすごい量ですよ。すぐ血中濃度には出ないにしろ、普通天然の女性ホルモンは5~7ngしかないのに比べれば、よく分かります。これに含まれるプロゲステロンとは黄体ホルモンで、エストラジオールは卵胞ホルモン。この両方は不妊薬のピルにも使われているものですが。

 ピルの安全性も確立されていないから、認可してない国があるわけで、ガンになる疑いもあるといわれてますよね。WHO(世界保健機構)が一応安全とする基準も、政治経済的な力が関与していることをもっと多くの人は知るべきです。僕はその安全基準が正しいかどうかは、その専門家でないので言うつもりはありませんが、人間の食の安全性を考えた場合、疑わしいものは使用を避けるべきだろうとは思いますね。

 にわとりは利幅も少ないし、薬にかけているお金はそれほど多くはないのではないでしょうか。ただ夏は特に病気が多く抗菌剤が欠かせない。またにわとりの卵は糞と同じところから出て菌がつくので、卵は食器に入れて出さないほうがいい。豚は薬づけで飼っているケースが多いし、一番高価額の牛はたとえば尿毒症にかかっていると、1日20万もする透析をする。長生きさせるためではなく、そうすると1日だけは血中の毒素数値が屠殺場の検査をクリアできるようになる。全廃棄処分になって数百万損するよりは、ずっといいというわけですよ。こういうのは獣医の治療の悪用です。だからどの肉が一番危ないとは、一概に言えないんですよね。

人工授精やDNA操作は常識 それが人間に応用される!?
 先日人間の顕微鏡受精が成功して、その是非がマスコミで話題になってましたが、畜産ではもう人工授精もDNA操作もすでに常識的にやられていることです。優秀な、つまり人間にとって生産効率がよく都合がいいものだけを選んで、1頭の牛から何十頭も同じような牛をつくることができるようになってます。たとえば過剰排卵処理をすると、人間でも5つ子が生まれる。それらを採卵し、対外で優秀な精子を与えて受精卵にし、肉牛でなく乳牛用のホルスタインの体に移植する。借り腹ですね、そうすると一生に5、6頭しか産めない牛が、同時期にたくさん産まれることになり、乳牛も乳が出る。(DATA4参照)


DATA4 人間社会で論議されている人工受精は、食の世界では当たり前
食料増産のため、畜産業の発展のため、人工授精により品種改良がされてきた畜産の現状だが、
生命操作のその問題は、人間の場合と同じく、エスカレートするのが怖い。
その技術はもう、人間に応用されている。


人間社会で論議されている人工受精は、食の世界では当たり前
人間社会で論議されている人工受精は、食の世界では当たり前


- はんこだけで薬の乱売を許す獣医さんも問題だと思いますね。-

 それはね、獣医師が畜産農家と薬品メーカーの関連の中でしか生計が立てられないようになっているから、起きることなんです。僕は犬猫で食べていけるから、こんな畜産業界の内部事情がしゃべれますが。畜産の理念に燃えて挫折した親父、理想いっぱいで獣医になった後輩たちがズタズタになっていった無念を、僕は何とかしたいのです。


もっと詳しく書いてあるのでリンク先をチェックしてくださいネ。

いや~、やりたい放題ですね。
ここのところ有名どころの食の偽装発覚が相次いでいるようですが・・・。
この世の醜悪さを凝縮したみたいな畜産の現状を知ると気分が悪くなってきちゃいます。

私はもう6年前にこのネガティブな環から抜け出しましたが、どうして大半の人が理解できないのか不思議でなりません。 ┐(´д`)┌ヤレヤレ
健康な家畜か否かに関係なく、肉は食べなくても死にません・・・と言うより、むしろ食べない方が身のためだと思いますけどねぇ。

そんなわけで、ですよ。

食が文化を築いているのです。
つまり、食が正常になれば今の世の中全部がひっくり返る。
大半の人が私のようにローファット・ローヴィーガンを目指したら・・・。





Category :

世界中の子どもが危ない

Posted by ヨーコ on   0 comments

「豊か」とはなんだろう?
「便利」とは?

加工して、いつでも労せず食べることができるようになった。

本来は自分の手で採って、ただ食べればいいだけだったものをわざわざ加工して栄養のないものを作り出し、自分たちの体を蝕むことになった。
それが文明?


世界中の子どもが危ない
ブラジル保険省が8月27日、Vigitel 2012のデータを発表した。それによると18歳以上のブラジル人の51%が太り過ぎという結果となっている。男女別では、男性の54%、女性の48%が太り過ぎだという。
(略)
この映画が画期的なのは、マクドナルドやコカ・コーラなどの企業の実名を挙げながら、ファストフードや糖類入りの清涼飲料水がいかに子供たちの健康を蝕み(もちろん大人も)、その問題がいかに深刻化しているかをデータを交えて紹介、企業の子供たちに対するマーケティング戦略をも批判している点だ。詳細はぜひ、映画をご覧いただきたい。




人類の歴史ではじめて、子供が成人の病気を患う事態が生じている。心疾患、高血圧症、­鬱、糖尿病...それら全ての根底に肥満がある。世界的カンファレンスTEDでも警鐘­されたこの問題に本作は深いメスを入れた。
ブラジルでは子供の3人に1人が肥満である­。彼ら肥満体の子供たちを通じて見えてくるのは、利益重視の多国籍企業の実態や、国民­の健康をないがしろにする政府の姿勢、親の世代を含めた食育の必要性など...。
子供の肥満は体重だけの問題ではない。世界中の子供が犠牲になっているこの現実の責­任は誰にあるのか?

Way Beyond Weight ☚ 全編はコチラで観れるようです。英語です。

更に衝撃的なのは、生まれた直後からジャンクフードを食べさせられているということ。
私も2人子供を育てましたが、産院では生まれたら親の承諾なしにいきなり粉ミルクを与えられますよね。
私たちは哺乳類なのに?

生まれた直後から変な加工食品を詰め込まれて育つ。
病気にならない方がどうかしてる。

ミルク

印鑰 智哉さんの記事より

米国の有機ブランドの粉ミルクでも大問題がある。
米国の粉ミルクの多くにMartek社の開発した合成DHA/ARAが含まれている。このDHAとARAは母乳に含まれる成分なので、それに似せてあるので脳の発育などにいい、などと宣伝しているのだが、この合成DHA/ARAは遺伝子組み換えトウモロコシなどを使って作る菌や藻から作られており、しかも有機生産物では禁止されている神経毒性のあるヘキサン抽出が使われている。その安全性も効能も確認されておらず、そればかりか下痢などの症状を引き起こしているという問題が指摘されている。
安全性が確認されないばかりか、脳の発達にいいという科学的データも存在せず、USDA(米国農務省)も承認していない。そうした合成物がなぜか有機ブランドの粉ミルクにまで入れられてしまっていることに対して、抗議運動が展開されている。合成DHA/ARA入りで有機ブランドというのはどうもおかしい話しだが、これはMartek社のロビー活動によって、本来は有機ブランドでは許されないものが入れられてしまったようだ。
http://articles.mercola.com/sites/articles/archive/2012/04/01/gmo-infant-formula.aspx
上記ページにあるビデオでは合成DHA/ARAを入れていない有機ブランドも紹介されている。

日本でもこのDHA/ARA入りの粉ミルクは森永が最初に販売している。ここでも脳の発達にいいかのような宣伝がされている(森永独自の製法なのか、それともMartek社のライセンスなのかわからない)。
http://www.hagukumi.ne.jp/products/hagukumi/hagukumi.shtml
日本では幼児用以上に高齢者向け商品にもなっているようだ。
http://global-nutrition.co.jp/service/image/gng_newsletter/2009-06-01_vol90.pdf


米国の有機ブランドじゃない一般の粉ミルクにはモンサントの牛成長ホルモンも入ってたりするらしいですよ。
人間はウシだったのか?ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

ここまで来ると、なんか美味しい気がすれば、取り敢えず口に入ればなんでもいいのか?と思えてきます。

ごぼう嫌いの娘がよく言っていましたっけ。
「割り箸をよく煮てごぼう風味をつけたら食べれるんじゃないの?」(。-∀-)
ある意味ナイスな発想ですね。スバラシイ!
そうやって加工食品はできているのですね。


りんご


ダーリンと私が徹底的に食生活を改善しているのはサバイバル的発想からではありません。
健康でいたいのは当たり前ですがもっと根本的に、人間として最高の状態を引き出したいから。
人間は劣化していると思うからです。その証拠がこのドキュメンタリー。

食が文明を作り出したと言っても過言ではないほど人間の生活を左右すると思うからです。

このまま劣化し続ける?( ̄ー ̄)





Category :

誰でも幸せになれちゃうの?

Posted by ヨーコ on   2 comments

私は今、人生始まって以来の最高に幸せな日々を過ごしていますが、皆さんはいかがですか?

子供の頃から楽天的だと言われていた私とはどうも違う、根本的にネガティブな思考回路の人がたくさんいるかも。
もっとポジティブに考えたら楽なのに・・・。
と思っていたら、↓こんな情報が!

人をネガティブにさせる遺伝子が存在する
 問題の遺伝子は、ADRA2b欠損変異体というもので、神経伝達物質である副腎髄質ホルモンのノルエピネフリンに影響を及ぼす。ノルエピネフリンは感情的な記憶を形作るホルモンだ。

 200人の被験者を対象に、ポジティブ、ネガティブ、ニュートラルな単語を続けざまに見せて、被験者がどの種類の単語をより多く記憶しているかを調べた。すると、ADRA2b遺伝子を持つ被験者はそうでない被験者よりも、ネガティブな単語をより覚えている傾向があることがわかった。

 「ADRA2b遺伝子を持っている人は、この“遺伝子メガネ”を通して、ニュートラルな世界をネガティブな視点で見るようにプログラムされているようで、人混みの中でも“怒り顔”に目が行く傾向があります」と言うのは、同大の心理学者レベッカ・トッド教授だ。

 「彼らは起こるかもしれない危険に対して常に用心しているのかもしれません。どこかに出かけても、自然の美しさを愛でるより、足を滑らせるかもしれないとか、頭の上に岩が落ちてくるかもしれないという心配のほうが先にたつのです」。

 この発見は、遺伝子が教育、文化、気分などの要因と結びついて作用し、さまざまな物事に対する人それぞれの感情的な受け止め方、主観の違いに影響を及ぼしていることに新たな光を当てたといえよう。

 研究チームはさらに、民族の違いによるネガティブ遺伝子の影響を調べる予定だという。白人の半数以上がADRA2b遺伝子を持っていると考えられているが、ほかの民族はどうなのか?。最近の研究によると、ルワンダ人の場合、10%がADRA2b遺伝子をもっていることがわかったそうだ。



うわ~、白人は半数以上がネガティブ遺伝子持ちですか。
日本人も・・・想像つきますよねぇ。

遺伝子だけのせいにしちゃったら元も子もないのでフォローしときましょう。( ̄▽ ̄;)




これで分かるのは、必ずしも現実が私たちを形作るのではなく、脳が世界を見るレンズによって私たちの現実は形作られるということです。そのレンズを変えれば、自分の幸福を変えられるばかりでなく、あらゆる学習や仕事の結果を変えることもできるのです。

(略)

これの問題は、科学的に間違っており逆だということです。第一に、成功するたびに脳がするのは成功の定義を再設定するということです。良い成績を取ればもっと良い成績を取る。良い学校に入ったらさらに良い学校に入る。良い仕事に就いたらさらに良い仕事に就く。販売目標を達成したら目標をさらに上げる。幸せが成功の向こう側にあるのなら、脳はいつまでもたどり着けません。私たちがしてきたのは、社会が一体となって幸せを認知できる範囲外に追いやるということです。それは私たちが「成功したら幸せになれる」と考えているからです。

でも私たちの脳はそれとは逆の順に働くのです。現状へのポジティブさの度合いを引き上げられれば、その人の脳は「幸福優位性」を発揮し始めます。つまりポジティブな脳はネガティブな脳やストレス下の脳よりもずっと良く機能するということです。知能が上がり、創造性が高まり、活力が増大します。実際、あらゆる仕事上の結果が改善されることがわかりました。ポジティブな状態の脳はネガティブな状態の脳より31%生産性が高くなります。販売で37%成績が上がります。ネガティブやニュートラルでなくポジティブなときに、医者は19%早く正確に診断するようになります。これは法則を反転させられることを示しています。現状に対してポジティブになることさえできれば、脳はより熱心に速く知的に働き、その結果としてより成功するようになるのです。

幸福と成功の法則をひっくり返すことができれば、自分の脳に本当は何ができるのか見えてきます。ポジティブなときに脳で増加するドーパミンには2つの役割があります。幸福感を引き起こすだけでなく、あらゆる学習機能をオンにして、世界に対して違ったやり方で適応できるようにするのです。



ショーン・エイカーさんの研究ではトレーニングで変わるらしいですよ。
これ聞いたらなんか希望が湧いてくるでしょ?

え? ダメ? (ッ_ _)ッガクッ





世界初のGM稲解禁!キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

Posted by ヨーコ on   4 comments

私の今朝のごはんは↓こんなの。
窓からたーっぷりお日様が入るので、日光を浴びながら食べるデーツ&フルッタフルッタのパフェは
最高のご馳走です。


デーツ&フルッタパフェ


80/10/10 Diet に沿った食生活をしているダーリンと私には関係ないけど、とうとう来ましたね。
GM小麦混入なんて話もあったけど、GM米が本格的に市場に出て来る日が。

世界初の遺伝子組み換えイネ、フィリピンで2016年発売へ AFP
【11月6日 AFP】フィリピンで商業化が予定されている世界初の遺伝子組み換え(GM)イネの生産が、環境保護団体などの強い反発をよそに、今後2、3年以内に承認される見通しだと5日、同国の研究所などが発表した。

フィリピンに本部を置く国際稲研究所(International Rice Research Institute、IRRI)と比農業省双方の担当者が発表したところによると、GMイネの生産に反対する活動家によって8月に試験農場1か所で破壊行為があったにもかかわらず、新しく開発された遺伝子組み換え作物(GMO)の「ゴールデンライス」は試験栽培を完了したという。

IRRIのアヒム・ドーベルマン(Achim Dobermann)事務次長は「現時点では、公式に発売されているGMイネはどこの国にも存在しない」と強調した。

同事務次長によると、承認に要する期間の長さによるが、種を農家に流通させる準備が整うまでには最低でも「2年から3年」はかかるという。

比農業省のバイオテクノロジー計画を統括するアントニオ・アルフォンソ(Antonio Alfonso)氏によると、今後はGMイネの消費と栽培に関する安全性を判断するための試験を実施する予定だという。

ゴールデンライスは、ビタミンAを作り出すように遺伝子組み換えが行われている。発展途上国の多くの人々の食事にはビタミンAが不足しており、結果として免疫の低化や失明などを引き起こし、死に至る場合も多いとIRRIは指摘している。

だが多くの環境保護団体は、GMOが有害な副作用をもたらし、それが非GMO作物にも取り返しがつかないほど拡散しかねないとして、GMOに反対している。

国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)は以前、フィリピンでGMOナスの試験栽培の停止を求める裁判所命令を獲得したことがある。(c)AFP



ゴールデンライス


ゴールデンライス


こんなのだそうですよ。
画像をポチッとやってゴールデンライスがどんなものなのかチェックして来てくださいネ。

スイセンの遺伝子を組み込んで・・・って大丈夫なんだろうか?
スイセンは食べたら猛毒ですよね。

ま、穀物は鳥さんのエサなので、GMでなくても食べない方が身のためってもんです。

最近英語が得意なダーリンがグラハム博士の Grain Damage を訳してくれたので、穀物は食べるべきでないと再認識したところ。
デンプンは広範囲な病気の原因になっているそうです。依存性も強力。
グルテンは精神病や神経障害の原因になるのは、もうみんな知ってるよね。

既成概念に囚われずに、冷静に考えたら穀物が人間の食べ物ではないことが理解できるはず。
今回おるごんの森で陸稲だけど作ってみて超納得。
稲穂を見て美味しそうと思える?
脱穀して籾摺りして、それでもまだ食べられない。
穀物は支配の道具なんですねぇ。

気が向いたらまたグラハム博士の本の内容を書いていきたいと思います。


デーツ&フルッタパフェ


みんな、甘いもの好きでしょ。人間だから当たり前。
甘い単糖たっぷりのフルーツを食べるようにできているのですから。
デザートに、口直しにフルーツ、病気のとき、食欲がないときはフルーツ、って体がわかってるじゃん。





杉と格闘中

Posted by ヨーコ on   0 comments

おるごんの森では枇杷が開花♪
枇杷の花はとーっても良い香りなんですよ。
摘蕾してしまうのがもったいないくらい。

ミツバチや小鳥が蜜を吸いにたくさんやって来ます。


田中枇杷


森中にバニラのような甘い香りが漂います。
この花の香りをこのまま活かせないものか?
これ、私の今後の研究テーマでもあります。


初チェーンソー


ダーリンは台風被害で倒れた杉を処理するのにチェーンソーを入手。
もうこうなったら倒れそうな危ない杉はさっさと倒しちゃいましょう。
さすがに手動で、しかもダーリン一人ではキツイのでチェーンソーを使うことにしました。

まずは台風で根こそぎ倒れちゃった枇杷の木で小手調べ。


初チェーンソー


お次は途中から折れちゃった杉。
倒した時に枇杷の木を巻き添えにしないように方向を決めてカットします。


初チェーンソー


倒したい方向に切込を入れて、反対側を切ったら手で押して・・・


初チェーンソー


ズズ~ン! お見事~♪


初チェーンソー


傾いてる杉も・・・。
こういうのは思った方向に倒すのが大変です。
初チェーンソーなのに難易度が高すぎませんか?

案の定、杉にチェーンソーを取られてしまって大変なことに!
ノコギリで手動でカット。仕方なく別の方向に倒してチェーンソー救出しました。

ダーリンは大汗かいて奮闘しましたが、私は見てるだけ・・・。非力ですみません。

いや~、男性の肉体労働って最高にカッコイイですよね!
ダーリンは頭脳派なので、デスクワークもカッコイイんですけどネ。





Category :

飼い主がいないと生きていかれないんでしょ?

Posted by ヨーコ on   4 comments

人間はどうしてこうおバカなんでしょう?

シュレック



シュレック
ボロ雑巾のようになりながら森の中をさまよっていた1匹の犬、
シュレックの物語

 シュレックは、カナダ、オンタリオ州ブラント郡バーフォードにあるサザンクロス乗馬施設近くでディーン・ゴフ氏によって発見された。発見当初、シュレックは見てのとおり伸びきった毛が絡まっていて、悲惨な状態だったという。


以前飼っていたM.シュナなどがそうですが、自然に抜け替わらない、しかも細い綿毛のような毛なのでフェルト化しやすい。定期的に人間が手入れしないとこうなってしまうんですね。
人間の趣味で遺伝子操作された動物です。
自然界で、自力だけでは生きられない動物・・・。


アンゴラウサギ


そして、毛皮とかセーターなどに使われるアンゴラウサギ。
その採毛の仕方は手でむしる方法が一番高級なんだそうです。((((;゚Д゚))))

これ見てどう思いますか?
モフモフでかわいい???

これもまた人間が遺伝子操作して作り出した動物。
人間が作り出した自力では生きることができない動物。

動物だけではなく、植物もそういうものがたくさんありますね。

おるごんの森にある枇杷の木も放置すると数年で疲弊して枯れてしまうのだそうです。
農業用に品種改良されているから自然のものよりもたくさん実がついてしまうのだとか。
それで摘果してやらないと木が疲弊してしまうのですね。
元の持ち主が農業をやめて放置したとき、山の方の木は4~5年でみんな枯れてしまったそうです。
今残っている枇杷の木は他の人に貸していたから手入れされて生き残ったものなのです。

人間も実は遺伝子操作されてできた、自然界では自力で生きることができない品種なんじゃないか・・・?
な~んて、ふと思っちゃいました。
だって、あまりにも家畜化しているじゃないですか!?

そして更に自分たちで家畜化を進めているんだからやるせない。

電気がないと何もできない人、いっぱいいるでしょ?
携帯電話やエアコン、電子レンジ、もしかしてコンビニやファミレスがないと生きていけない人もいたりして~。

やっぱ面倒見てくれる飼い主は必要だわね・・・。(ッ_ _)ッガクッ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。